安倍晋三は病気!?肺がん末期(ステージ4)説は本当なのか?真相に迫る!

身を切る改革を言うなら政党助成金を廃止すべき!!

衆議院総選挙が終わり開票結果は自民党が圧勝し、3分の2以上が確定し予
想内の内容で選挙は終わりました。

そして希望の党ではなく、立憲民主党が第一野党になり貫録を見せられま
した。
そんな中、安倍首相によくない噂が再燃しています。

肺がんという噂です。噂は本当なのでしょうか。

スポンサーリンク

安倍首相は肺がんでステージ4説

今年の初夏、安倍首相が重病説というものがありました。

肺がんの末期でステージ4、余命は3ヶ月でリンパ節、脳幹に転移で9月まで
持つかどうかという噂がありました。

たしかに初夏のころの安倍首相は少し顔がむくんでおり、元々からそうでは
ありましたが顔色がよくない時期というものがありました。

実際蓋を開けると、安倍首相はぴんぴんしており、年相応の元気という言葉
がぴったりという状態でした。

選挙の演説中も軽い咳払いすらあまり見られることもなく、仮にステージ4と
いわれるにも元気すぎます。全国に応援演説に行き、顔には疲労の色が見え
ていましたが、重病という雰囲気は1ミリも感じませんでした。

おそらくは反安倍意識のある記者のデマだと思われます。

肺がんとは?

肺がんの主な症状は咳や呼吸困難、息苦しさや息切れというものが主な症状
です。体重は減っていき、血の混じった痰が出て胸の痛みが発生します。

ステージ4ともなれば5年後生存率が5%と大変危険な数字です。

原因は喫煙や受動喫煙が主です。アルミニウムやアスベスト、ヒ素といった
ものが原因で灰の細胞の中にある遺伝子に傷がついていくことでがんに変わ
っていきます。

遺伝はほぼほぼないですが、家族に多いとなるとそういうなりやすい遺伝子
かもしれません。

治療法は外科両方と放射線療法と薬物療法があります。

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は大丈夫なのか?

安倍首相は潰瘍性大腸炎というものを患っています。

17歳ごろから患っているといわれています。その潰瘍性大腸炎の悪化から体
調を崩し、第一次安倍政権は終焉を迎えます。

潰瘍性大腸炎は原因不明の難病です。大腸の粘膜に潰瘍ができる炎症性の疾
患です。
10万人あたりに100人くらいが発症する割合です。

男性は20代前半、女性は20代中ごろから後半に発症しやすいデータですが、
若年層から高齢層まで幅広く発症する可能性があります。男女比は変わりま
せん。

原因は自己免疫反応の異常や食生活の変化などがあげられますが原因はまだ
わかっていません。

安倍首相が第一次政権はこの病気が原因といわれています。

今回、噂された肺がんはこの潰瘍性大腸炎からくるものではありません。

仮に安倍首相が重病だった場合はどうなる?

衆議院選挙は自民党の圧勝に終わり、自民公明の連立はさらに大きくなりま
した。
新内閣の発表は来週予定されています。

多くの記者の見方では解散前と同じようにさいにんするのではということで
す。

ほぼありえないですが安倍首相が重病だったとします。その場合は総裁選が
行われます。予定では来年行われますが今回は安倍首相が重病の過程で予測
します。

岸田文雄氏か石破茂氏、河野太郎氏、野田聖子氏がおそらく立候補されます。

石原伸晃氏や小泉進次郎氏も推す声がありますが、有力なのはその4氏です。
それぞれ内閣で大臣経験もあり、知名度も実績も十分です。

重病でなければ最大派閥を築いている安倍首相がまた選ばれるとおもわれま
すが、家庭の話だとこの4氏からは誰が選ばれてもおかしくないです。

重病が現実なら、小渕恵三元首相と同じように在任中に倒れて混乱を起こさ
ないようにしてもらいたいですね。

小渕恵三氏は急病で仕方がなかった面もありますが、その後の対応が難しか
った。急病が起こりそうな場合や持病がある場合は後進に譲ることも大事で
すね。

衆議院選挙が終わり、結果がわかったところで安倍首相の重病説が再燃しま
した。最初に重病説が出たのは初夏でしたが、数か月後にまた再燃したのは
なにかおかしな点があったからかもしれません。

ですが現段階では重病と思われるような報道も体調不良と思われる姿もあり
ませんのでただの誤報やネガティブキャンペーンなどの類でしょう。

ですが、実際に持病がいつ悪化するかわからない安倍首相には手遅れになる
前に首相としての任務を全うし、後任に引き継ぎをしていってほしいと思い
ます。

今回はデマと思われますが、実際に急病や何らかの急変で日本の政治が混乱
しないことを願います。小渕恵三氏の時の混乱が起こりませんように。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

早くモリカケ以外の疑惑も始めたいなぁwwwwww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク