北朝鮮戦争秒読み2017『2026年未来人』 最新予言!?Xデーは10月10日!?

10日です。今日も平和明日も平和。

連日北朝鮮問題のニュースも絶えず、これまでも様々な著名人が北朝鮮崩壊
を予言したきたが、今度は謎の人物が同様な予言をしているとネットで騒然
となっている。

「2062年のから来た未来人」と名乗る者が、北朝鮮の崩壊を予言していて、
過去には2ちゃんねるにて東日本大震災や原発事故を予言していたそうで

近では第三次世界大戦なるものも予言していて、その戦争の中に日本も巻き
込まれるとのこと。

それにしても「2062年から来た未来人」名乗るものは何の根拠を以て北朝鮮
の崩壊、更には第三次世界大戦まで予言しているのか?

そして、なぜ「2062年から来た未来人」という正体が謎に包まれた得体の知
れない人物の予言にネットが騒然となるのか?今回はその謎に迫る!

スポンサーリンク

そもそも2062年から来た未来人って何者?なぜ、ネット民の注目を集める?

では、そもそもその得体の知れない「2062年から来た未来人」って何者な
のか?

2ちゃんねるによると、その「2062年から来た未来人」と名乗るものは男性
で2011年の東日本大震災や福島原発事故のほか、昨年2016年の熊本地震も
的中させているとのこと。

それだけ自然災害による出来事を的中させているのだからネット民の注目を
浴びているのだろうが「2062年から来た未来人」と名乗ることが胡散臭い。

得体の知れない胡散臭い人物の言うことをいくら過去に予言を的中させた経
験があろうとも、信じるネット民の気持ちが私には理解出来ない。

過去の予言の的中から北朝鮮が戦争を以て崩壊する、それがいつなのか?と
いうことも予言し、ネット民の注目を集めているのだろうが実際にまだ北朝
鮮は崩壊していない。

確かに北朝鮮が世界中に脅威をもたらしているのは事実。

それはミサイル発射や核実験のニュースがたびたび入ってくるので北朝鮮が
崩壊して戦争が始まったらどうしようと怯えるのも無理はない。

しかし、予言には何の根拠もないだろう。いくら過去の出来事を的中させた
人物にしたっていつも100%当たっているのかというとそうではない。

ましてや「2062年から来た未来人」という胡散臭い名前の男の予言なんか
過剰に信じてネットでどうこう騒ぐのもいかがなものか?と私は思う。

そもそも予言したところで、それを信じたところで、私たちは何の対策をす
ればよいのかもわからないのだし。 

スポンサーリンク

一寸先は闇!科学的根拠のない予言や占いに振り回されないように!

いくら過去に的中させた出来事が実際にあったとしても、そういった予言や
占いというものには科学的根拠がない。

それなのにたかが、「○○さんの予言が当たったから。」という下らない理
由で予言や占いに振りまわれるのは時間のロスである。

過去に大規模な地震があったり、今回の北朝鮮の問題で心配なのはわかるが、
どんなに的中率の高い予言者や占い師でも一寸先は闇。

そんなスピリチュアル専門の人たちも100%確実の未来予知は不可能なのだ
から、科学的根拠のない予言や占いに振り回される時間があったら、自分が
今やりたいこと、出来ることに時間を割くべきである。

得体の知れない予言者の言うとおりになろうが、なるまいがいずれにしても
人間の人生には時間に限りがあるのだから下らない予言や占いを信じる前に
時間を有意義に使うことを覚えたらいかがだろうか。

そして、北朝鮮の問題が気になる人も多いだろう。

それなら予言云々よりも近く衆議院総選挙があるので、選挙公報などで各政
党のマニフェストを見て、日本だけでなく、どうしたら世界中がより良い方
向に北朝鮮の問題も進むのか?ということを考えて選挙当日に投票した方が
よっぽど賢いと思うが。

予言のことでネットサーフィンしている暇があるのなら、新聞やニュースに
も目を通しておいた方が「北朝鮮がいつ崩壊するんだろう?」とビクビクする
より断然、賢明な時間の使い方であると私は思う。

日本はもちろん、世界がより良い方向に転じるように私たちが出来ることは
何か?を考える、そしてアイデアや方法が浮かんだらそれを実践してみる。

一人一人の力は微力だが、「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがある
ように、人が集まればより良い方向へ向かうアイデアや方法だって次々出て
くるであろう。

得体の知れない予言者のことでネットサーフィンしているあなた、早速今か
ら今日の新聞でも読んでみたら?

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

安倍が支持率を高めたい時には、いつも北がミサイルを撃つね。 

なぜだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク