小池百合子 評判最悪威張ってる?希望の党の政策”配偶者控除廃止”がかなりヤバい!?

これがマスゴミに散々叩かれて舛添が退陣したあと都民が選んだリーダーだ
!!

先月28日に衆議院が解散してから連日、22日に投開票が行われる選挙に向
けてのニュースが流れているが、中でもやはり注目は先月25日に発足した
「希望の党」の動向。

その代表である小池百合子東京都知事の評判は案の定、芳しくない。

無理もない。都知事も党の代表も片手間に出来る仕事ではないのだから。

昨日、7月の都議会選で「都民ファーストの会」から出馬し、当選した若手
議員2人が離党を表明。

理由はやはり小池都知事が都政より国政に力を入れている様子に違和感を覚
えたからとのこと。

「都民ファーストの会」を離党した2人に共感する国民、特に東京都民は少
なくないはず。

都知事の公務としては2020年の東京オリンピックやパラリンピック、築地
市場の豊洲移転問題など、それだけでも山積みなのに、都知事の公務をキャ
ンセルしてまで選挙の方に肩入れする姿…。

特に党員である若狭勝氏や細野豪志氏らを従える姿は自分がまず優先するべ
きことを忘れて威張っているように見えるのだろう。

果たして現時点での小池都知事の評判は?やはり威張っているのか?今回はそ
の点を掘り下げていきたい。

スポンサーリンク

そもそも何で「希望の党」代表と都知事の2足のわらじを履くの?

見当がついている方も多いとは思うが、なぜ小池都知事は評判が悪いのか?

昨年自民党を離党し、国会議員を辞職してまで都知事選に出馬した際、小池
都知事は選挙期間中に出演した池上彰氏の番組で池上氏から「何で嫌われて
いるのですか?」との質問を受け、次のように答えている。

「自民党全部を敵に回したわけではありません。嫌われることをやることが政治には必要。」

確かに人間、どんな人も生きている限りはどうしても自分と合わない、俗に
いうアンチもいるであろう。

その点では小池都知事の上記のコメントは私も理解出来る。

しかし都知事であろうが、国会議員であろうが、ましてや総理大臣であろう
が、都政や国政など、地域の政治に関わるにはある程度多くの人々の信頼が
必要なことは政治に関わる方やこれから志す方なら当然わかっているはず。

それなのに、都政もこれからまだ課題が多く残っているのに中途半端に国政
に関わるのだから評判が良くないのは私も納得出来る。

本当に「希望の党」代表を務めると共に都知事も続投という2足のわらじで
は、国民、特に都民が不安になる。

小池都知事の評判ということで「読売新聞社」が緊急世論調査を行ったとこ
ろ、6割超の人が「都知事の仕事に専念するべき」という回答だった。

このような結果からも「何で2足のわらじ履く必要あるの?」と疑問を抱く方
も多いことも読み取れるし、「2足のわらじ履いても大丈夫!」と小池都知事
ご本人が思って両方の仕事に関わっている限りは「自分は出来る人間と威張
っている。」と思う方も少なくないだろう。

22日に投開票が行われる衆議院総選挙には「100%出馬はない!」と断言した
小池都知事だが、いずれにしても先が思いやられる。

2足のわらじの今後はいかに?

スポンサーリンク

国政も都政も中途半端では国民が不満!優先順位をつけてケジメを!

「自民・公明連立与党の安倍内閣では、日本の今後のために良くない。こんな時こそ改革が必要。」

上記の思いがあって都知事の傍ら、自らが代表となって「希望の党」を発足
した小池都知事だが、国政も都政も本気であれば国民全体、特に「都民ファ
ースト」のためにも中途半端にならないよう、仕事の優先順位をつけてケジ
メをつけるべきだと私は思う。

多くの方もおわかりの通り、どちらも中途半端になられたら都民はもちろん
、国民全体が不満だらけになってしまう。

都知事だって社会人としてスケジュール帳くらいはお持ちだろうから、スケ
ジュール帳で以てまずは都知事の公務から優先順位をつけて、「希望の党」
の公務はその後に同様に優先順位をつけていけばいかがだろうか?

都知事の公務だけでも煩雑だから優先順位をつける作業は必須なのだから、
これが新党の代表との2足のわらじを履くならば尚更、優先順位は重要なこ
と。

国民、特に「都民ファースト」のためにもしっかりケジメをつけていただか
ないと「希望の党」が「失望の党」、最悪の場合は「絶望の党」になってし
まいかねないのだから。

「2足のわらじでも大丈夫と威張ってやるからダメになるんだよ!」などと軽
蔑されることのないようにくれぐれも責任を持って今後も行動してほしい。

  1. 政治家はある程度多くの人の信頼が必要。謙虚な姿勢を常に忘れずに。
  2. 国政も都政も本気であれば、優先順位は尚更、重要であることを肝に
    銘じておくこと。
  3. 「2足のわらじを履く」と一言で言っても、両方とも片手間に出来るこ
    とではないことを理解した上でケジメをつけて責任ある行動を!

 以上、上記のことは政治家だけでなく、私たちの日常生活でも大切なこと
ですヨ!

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

なんと言うか、旧民主と維新の失敗を足して煮詰めたような方向になってく
な。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク