希望の党と民進党が合併の裏事情とは?意味不明な展開にがっかり小池都知事オワタwww

しっかし築地問題に似てるな。

こりゃぐちゃぐちゃかき回して結局、民主党になって終わるパターンか?

今月25日に発足したばかりの小池百合子東京都知事が代表を務める「希望
の党」に早くも「マジかよ?!がっかり。」の声が上がっている。

その失望の矛先は離党者が相次ぐ「民進党」。

小池都知事が代表を務める「希望の党」に「民進党」が合流するというから
ネット上でも批判の声が続々。

小池都知事は先日、NHKのニュース番組「ニュースウォッチ9」にVTR出演
した際、インタビューに「希望の党」と「民進党」の合流について、

「党と党のつながりよりも、民進党から希望の党に入りたい人をあくまでも
個人として受け入れたい。」と答えた。

「民進党」との合流には否定的な姿勢ではあったのだが、「希望の党」と「
民進党」の2つの政党が合流するといった構想では、国民からは「がっかり。
」の声が上がるのも当然であろう。

小池都知事がVTR出演でインタビューに答えたものと「話が違うじゃないか
!」ということになるのだから。

現在、「希望の党」と「民進党」は実際に合流に向けての最終調整の話し合
いに入っていて、もし合流ならば党のトップは小池都知事という話も進んで
いるが。

もし、この2つの党の合流が現実のものとなったらがっかりしている国民側
の気持ちはどうなるのか?

今回はそんな2つの党の動きが気になる側の立場に自分が立ってみて話を進
めたい。

スポンサーリンク

そもそも「希望の党」と「民進党」が合流する必要なんてあるの?

そもそもなぜ「希望の党」と「民進党」の2つの党が事実上、党と党のつな
がりとして合流するのか?

そもそも小池都知事は「改革のスピードが遅いから。」という理由で自らが
代表となって「希望の党」を立ち上げたのだが、そこに「希望の党」とは考
え方が違う「民進党」が合流するとなれば話がややこしくなるし、そうなる
ことで「どうやって安倍政権を倒すのか?」という疑問を抱く人も多いと思う。

「民進党」は蓮舫前代表から前原誠司代表にバトンタッチ直後に離党者が相
次いでいて、その中に「希望の党」に入りたいという議員も多くいたため、
事実上「希望の党」と「民進党」の合流ともなれば、「民進党」にとって「
希望の党」が駆け込み寺にしか感じられないゆえ、早くも「がっかり。」と
批判的な声を上げることになったのであろう。

小池都知事が代表を務める「希望の党」は改革を必要としながらも「日本の
心を守っていく保守」と発足の際、記者会見で述べている。

その一方で離党者が相次ぐゆえに「解党」も囁かれる「民進党」はこれまで
「希望の党」と同じ「保守派」もいれば、それとは真逆の「リベラル派」の
議員まで幅広く在籍していた。

そういったことから離党者が相次ぎ、「解党」のピンチもある「民進党」が
「希望の党」と合流すれば早くも失望の声が上がるのも無理はない。

スポンサーリンク

事実上合流するのであれば、失望している国民にも納得のいく説明を!

今回、「打倒!安倍政権」のために「希望の党」と「民進党」は合流したと
いう見方をする人も多いことであろう。

それにより、がっかりしている国民も決して少なくない。

もし、最終調整の話し合いの末に事実上、合流するのであれば「希望の党」
並びに「民進党」は失望している国民にも納得のいく説明をぜひ記者会見を
開いてするべきであると私自身は思う。

選挙の前に有権者である国民にきちんとした説明を行っていれば、安倍政権
にも十分に対抗できるし、衆議院解散総選挙の際には1議席でも多く獲得と
いったことも望めるであろう。

有権者である国民、特に早くも「希望の党」と「民進党」の合流にがっかり
している国民のことは考慮に入れてほしいものである。

そうした説明も抜きで演説などを含めた選挙運動をするのであれば、それこ
そ「希望」が「失望」、いや最悪の場合は「絶望」になってしまいかねない。

それでは「打倒!安倍政権」どころではなくなる。

選挙にも国民の信頼が必要であることを忘れないでいただきたい。

ぜひとも、合流するのであればがっかりした国民の誤解が解ける説明は欲し
いものである。

そして、「小池都知事が選挙に立候補し、都知事を辞任するのでは?」とい
う疑問も頻繁に聞くが、それはぜひとも止めていただきたい。

今、小池都知事には都知事としての公務を優先し、東京都が潤ってから国政
進出をしていただきたいと私は願うばかりである。

先日、問題になっていた「党首討論」の件も「希望の党」の党員たちや合流
するのであれば「民進党」の党員たちとしっかり話し合うべき。

都政も国政も共倒れになってほしくないから。

  1. 「希望の党」並びに「民進党」は事実上合流するのであれば、必ず国民
    の納得がいく説明を!
  2. 特に早くも「希望の党」と「民進党」の合流構想にがっかりしている国
    民がいることをお忘れなく!
  3. 選挙にも有権者である国民の信頼が必要であることも覚えておいて!

以上、「打倒!安倍政権」を目指すなら上記を心得て行動を!!

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

大多数の爺さん婆さんがなんの考えもなく投票しそうwwwww

小池の党だからってwwwww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク