北朝鮮戦争で崩壊を予言!?江原啓之のメッセージの真意とは?真の危機はいつ?

言い合ってるうちが花。どちらかが黙り始めたら開戦待った無し。

2017年8月26日朝、北朝鮮から日本海に向けてミサイルが飛ばされました。

3発発射して、結局全て失敗に終わり、安全保障の面では問題はなかったも
のの、日本・アメリカ・韓国・北朝鮮の4ヶ国を中心にただならぬ緊張が走
っています。

しかし、北朝鮮のこうした行動から戦争に発展するのではないのか?と何年
も前から予言していた人がいます。

スピリチュアルカウンセラーとしてよくテレビで見かける江原啓之氏です。

「2017年はいろんな意味で不安。事態が二転三転流れていく。」というこ
と。
その予言には2つの意味があります。

「四国大規模大地震説」と「北朝鮮VSアメリカの第3次世界大戦説」です。

現状で行けば後者が濃厚ということになってしまいます。

本当に北朝鮮には迷惑な核実験をさっさと止めてもらって、世界中が少しで
も平和に近づけるように歩み寄りたいですよね。

ところで、江原啓之って何者?こういう予言ってどこまでが真実?

今回はそこにスポットを当てて、私たちは江原さんに代表されるスピリチュ
アル関係者の予言に対してどんな姿勢でいるべきか探ってみます。

スポンサーリンク

そもそも江原啓之って何者なの?スピリチュアルはどこまでが真実?

さて、ここで注目したいのが今回の件の予言者である江原啓之さんです。

今から約10年前に美輪明宏さんやTOKIOの国分太一さんと共に「オーラの
泉」という番組に出演。

その内容というのはスピリチュアルカウンセラーである江原さんが様々な
ゲストを迎え、霊視を行うというもの。

最近になって、再び表舞台に姿を現すようになりましたが、彼の今回の発言
を巡って気になる方も多くいるようで、「オーラの泉」を知らないイマドキ
の若い世代の関心も集めています。

しかし、江原さんに代表されるスピリチュアルはどこまでが真実なのでしょ
うか?

先頃の北朝鮮ミサイルの件も多くの人が恐怖感を抱いたことは間違いないで
すし、昨年には熊本地震という大規模な地震もあり、そしてメキシコでも地
震で多くの死者が出るほど甚大な被害が出ています。

江原さんの予言が気になっている人にとっては北朝鮮の方がどうやら的中す
るのでは?なんてお思いの人もいるでしょう。

しかし、過去にはノストラダムスのように歴史に名前を刻んだ予言者でさえ、
「1999年、人類は滅亡する。」という予言は見事にハズレ。

熊本地震や現在のメキシコ地震なんかは誰が予想したのでしょう?

おそらくほとんどの人が想定外の出来事だったと思います。

やはり、江原さんに代表される予言や霊視も含むスピリチュアルは手相など
の占いなどと同じで「当たるも八卦、当たらぬも八卦。」
に留めておいた方
が良いかと私は感じます。

スポンサーリンク

怖いけど、想定外でどうしようもないこともある。心酔はほどほどに。

今回、問題となっている北朝鮮ミサイルにしても昨年の熊本地震や今年のメ
キシコ地震にしても自分では事前にどうしようもなく、突発的なことで驚い
た人も多くいることだと思います。

だから、怖い。

出来ることなら、未然に防ぎたいと思う人も決して少なくないと思いますが、
だからと言って科学的には何ら根拠もない占いや江原さんに代表されるスピ
リチュアルを過剰に信じるのはいかがなものか?

と私は疑問を呈したくなります。

私も昨年、熊本地震を経験しました。それは非常に恐ろしく、2度にわたる震
度7の地震を観測した後も何度も余震があり、落ち着かない日々が続きました。

だけど、私にとってもこういったことは不測の事態。当然、未然に防ぎようも
なければ、ましてや占いやスピリチュアルにまでなんかには目も行かなかった。

地震のような自然災害は私たち人間ではどうしようもないのだから。

占いやスピリチュアルなんてそういったものには特にあてにならないと私は
個人的に思っていますから。

生きていればいいこともあれば、悪いことも当然あります。

だけど、いずれにしても明日のことは誰にもわかりません。

江原さんに代表されるスピリチュアル関係者だってこれは同じこと。

当然、人間ですから。

私は占いやスピリチュアルといったものに一切関わるなとは言いません。

想定外でどうしようもないこともあるのでほどほどにと言いたいです。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

○○されたら、反撃するから!!ってお互い言い合ってるだけで 
ぜんぜんどっちも実際手をださんやんw永久に続けるの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク