安室奈美恵 息子”安室温大”の大学は同志社で決定!?引退理由との関係とは?

まぁ潮時だったな 。浜崎は見習えよ。

40回目の誕生日である昨日9月20日に約1年後の芸能界引退を発表した歌手
の安室奈美恵さん。

1992年デビューから9月16日で25周年を迎えた矢先での出来事であった。

25年もの間に彼女はプライベートでは結婚、出産、離婚も経験した。

安室さんが来年の引退表明を決意、公式サイトでの発表と共に週刊誌やネッ
トを今騒がせているプライベートの面が彼女の一人息子。

そのもうすぐ成人を迎える息子さんの通っている大学が話題に上がっている
のだ。その大学というのが京都にある同志社大学。

そこに通っているのではないか?という噂が多く飛び交っている。

安室さんは20歳前後で息子さんを出産しているのだから、年齢的にはもう
大学生でもおかしくないし、元夫であるTRF・SAMさんの家系が医者とい
うインテリなのでその遺伝があればそういった名門大学の学生の可能性も
十分にあり得る。

しかし、いくら有名人の子供とはいえ、あくまでも一般人。

いくら母親が節目の決意をしたからといって、一般人である家族にまで話題
が飛ぶのはどうかと私は思うのだが。

やはり有名人の家族だから本人と違って一般人であってもある程度マスコミ
に追い掛け回されるのは仕方ないのだろうか?

ここからは有名人家族のプライベートに追うのはアリか?ナシか?

その点を深く掘り下げてみたい。

スポンサーリンク

そもそも有名人にもプライベートがあるから守られるべきなのに…。

そもそも有名人であれ、一般人であれ、生活していく上でのプライバシー保
護は欠かせない。

誰にでも安心して生活していく権利というものがあるからだ。

もちろん、その中には他人に、ましてや家族など親しき仲の者にも知られた
くないもの、見られたくないものというのがある。

現代では個人情報保護法といった法律や一昨年にはマイナンバー制度が導入
されているのだからプライバシーに関する規制も厳しくなっているから尚更
である。

顔と名前が世間に知られている芸能人などの有名人でさえもプライバシーの
問題でこれまで幾度となく裁判沙汰のトラブルになっているのだから当然、
一般人の私生活も決して侵害されてはならない。

ともなれば、いくら安室さんが公に来年の芸能界引退を発表したとしても息
子さんがどこの大学に通っているとかなどは当然、プライバシーの侵害にな
るのでそっとしておくべきではないのか?

いくら有名人の子供とはいえ、一般人。母親みたいに顔や名前を知られる存
在ではないので過剰に追い掛け回しては息子さんも大学生なら学業に専念出
来なくなる恐れもあるのだから。

安室さんのような有名人にもプライバシーがあるからもし、たまたま私生活
に関する場面を目撃したとしてもそっと見守るべきであろう。

ともなれば、息子さんなんかはもっとたとえ、顔見知りの人たちであっても
私的な部分を侵さないようにするべきであろう。

以上の点から私個人的には有名人家族のプライベートを追うのはナシと考え
ている。

スポンサーリンク

自分のプライバシーが侵されたらどうしよう?と逆の立場を考えて。

先ほど、有名人にも一般人にもプライバシーがあると述べたが、有名人とそ
の家族を追い掛け回しているマスコミやネットで安室さんの息子さんの大学
はどこなのか?と騒いでいるネット民にも当然、プライバシーはある。

過剰にマスコミもネット民も騒いでいるが、一つここで考えてほしいことが
ある。

もし、自分たちのプライバシーが侵害されたらどんな気持ちになるのか?

自分たちの知られたくない、見られたくない部分を他人に覗かれたらそれは
さぞかし不快感を覚えることだろう。

そうなると、自分たちもオチオチ健全な生活を営んでいくことが出来なくな
ると心配になるのではないか。

現代ではすっかりインターネットも普及し、LINEなどのSNSも当たり前のよ
うに利用する人も多い。

そのことを考えただけでももし、自分たちのプライバシーが侵されたら間違
いなく嫌な気持ちになる。

自分たちのプライバシーも侵されたくなければ、相手がいくら有名人やその
家族といえども過剰に詮索するのを止めて、ただ見守るだけにとどめておい
た方が良い。

たとえお手持ちのスマートフォンがあってもである。

有名人も一般人も上記を守って人のプライバシーも尊重し、自分のプライバ
シーも守りましょう。ネット社会の現代だから尚更です。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

ロックでもないし確かにいろんな意味で女の40は限界だろ。

ファンにも若い頃のイメージが残るしいい引き際だと思うよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク