北朝鮮戦争 金正恩氏の暗殺計画がここまで進んでいる!?替え玉説を秘密警察が報告?

JAPANは忍者の国なのにカリアゲ一匹暗殺できないとかあり得ないだろ。

北朝鮮の挑発は止むこともなく、いまだ、ミサイル発射や核実験を繰り返し
ています。

国際社会は、この北朝鮮の行動に対して、国連決議で制裁を強化しています
が、無視し戦争も辞さいない態度をとっています。

テレビでは報道されていませんが、ネットでは米韓がこんな暴挙にでる金正
恩を暗殺し、北朝鮮を正常な国に導くのではと噂されています。

そんな「噂」を検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

北朝鮮の挑発と国際社会の反応

北朝鮮の挑発は全くおさまることも無く、いまだ続いています。
日本の上空を通過する事態も幾度かは発生しております。

まだ、被害報告はありませんが、何時か被害者が発生する可能性もあります
。特に、太平洋上に着弾する事態は、その海域付近で漁を行うべく、漁業関
係者、その飛行ルートを飛ぶ予定の航空機には大変迷惑な事態です。

これで、被害が発生した場合、即、戦争勃発の可能性も有り得る行為です。

北朝鮮がこのまま挑発行為を続けた場合、国際社会からの制裁が強くなり、
国民生活が今以上に困窮する事になります。

北朝鮮国民は、独裁者・金正恩の行うことに反対することは御法度ですから
、何も言えず、不満をつのらせるでしょう。

その不満の鬱積が爆発した場合、内乱が勃発し、アメリカ・韓国などとの戦
争どころではなくなり、金政権は崩壊し、どこかに亡命せざるを得なくなる
かも知れません。

何れにしてもこれ以上の挑発行動は、破滅を招く事につながる事を理解して
ほしいものです。

金正恩暗殺の可能性と替え玉説

金正恩が暴挙を繰り返す事に、これを止めるべく、「暗殺」の計画があると
の噂がネットを中心に実しやかに流れています。

アメリカ側はこの噂には勿論、何らコメントは出していませんが、中国側は
再三メンツを潰された事に腹立たしい思いを持っているとの話もあるようで
すから、もしかしたら、アメリカが暗殺を行うのでは無く、中国が実行する
のではないでしょうか?

仮に金正恩が暗殺された場合、どんな事になるのでしょうか?

内乱が勃発し、金正恩に変わって政権を奪取しようとする輩が、いっぱい出
ては来ないのでしょうか?

それらを後押ししようとする、国が代理戦争よろしく、国を更に分裂するよ
うな事にならなければいいのですが。

暗殺はそんな、要素を含んでいるのです。

一方、金正恩は暗殺をおそれ、替え玉をおいているとの噂もあります。

この頃、テレビなどに金正恩の姿が報道されないためにこんな噂が出ている
様です。

もしかしたら、既に金正恩は暗殺されて、替え玉がテレビ等に顔を出しては
いまいか?

一部のネット報道では、「金正恩の顔や、仕草が以前の金正恩と違っている」
との事も言われています。

真偽の程、如何でしょうか?

スポンサーリンク

米韓「斬首(暗殺)作戦」は実行されるのか!?

米韓は確かに金正恩を暗殺できれば、今の暴挙を止める事はできるとの思い
もある様ですが、一部の報道では、北朝鮮は金正恩の独裁政権では無く、取
り巻く政権側の何人かが金正恩を利用して、この一連の暴挙を行っていると
の見方があります。

これが本当なら、金正恩を暗殺しても何も変わらないし、逆に混乱をきたす
だけとの判断あり、米韓は安易に暗殺を実行しないのかもしれません。

今後の米韓は、北朝鮮の暴挙を止め、核の廃棄、武装解除とすすめ、ソフト
ランディングで北朝鮮を治める事を模索しているのではないでしょうか?

本来、アメリカの軍事力を持ってすれば、北朝鮮を攻撃した場合、容易く鎮
圧できるのではないでしょうか?

これをしないのは、恐らく、北朝鮮国内の混乱を最小限とし、金正恩をはじ
めとした主力幹部を生きて捉え、北朝鮮国民に、米韓の力を誇示しながら、
反撃出来ないようにする事が重要との判断かもしれません。

今後、北朝鮮が暴挙に出ないよう、国際社会の制裁は有効なのかもしれませ
んが、度を過ぎると、とんでもない事になるのかもしれません。

米韓は恐らく、金正恩の暗殺は実行しないとのではと思いますが、何れにし
ても北朝鮮の国民、特に貧困層の国民が今以上の被害を被らないように、米
韓にはよく考えていただきたいものです。

勿論、日本政府もよく考えて行動する事を切に願います。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

カリアゲ数時間ごとに移動してんだろ? 

そりゃ精神がおかしくもなるわ… 完全に狂う前に降参して楽になろうよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク