北朝鮮崩壊を予言!?松原照子の夢が現実に!?遂に歴史にピリオドが…!?

韓国も崩壊 …朝鮮は消える…。

8月29日北朝鮮はミサイルを発射!!日本の北海道上空を通過しました。

このミサイルが開戦のきっかけとなってしまうのか!?という報道が追記さ
れました。ミサイルは発射直後、3つに分離し、襟裳岬の東約1180キロの太
平洋上に落下したものと推定される。

北朝鮮危機が山場を迎えそうです。

北朝鮮とアメリカの間で戦争が起こってしまうのか?本当の危機はこれから?

朝起きてテレビをつけたらこの報道が流れていました。

すごい恐怖で夢かと思いました。

Jアラートが配信された県が北海道と東北だったので、えっ?グアムではな
いの?と思いました。

グアムに向けて発射すればアメリカとの戦争になると思い、ひるんだのか?
という専門家の見解にそう思っているなら北朝鮮も諦めればいいのにと思い
ました。

スポンサーリンク

 「北朝鮮崩壊!?」

北朝鮮のミサイル発射の報道には、日本各国が関心を高めている。

中国でも国内外の安定維持が最重要課題だが、国際社会への挑発をし続ける
北朝鮮に不満を高めている。今後国連安全保障理事会などの場で、中国に対
し石油の輸出規制など北朝鮮への圧力強化を求める声が高まるのは必至だ。

しかし中国は朝鮮半島が混乱に陥り、大量の難民が中朝国境に押し寄せる事
態などを恐れており、北朝鮮政権の崩壊までは望んでいない。

だが北朝鮮は中国の援助で成り立っているのだがその両国間のルートは絶た
れている。

要するに北朝鮮は中国が援助しなければ崩壊してしまうのになぜ、中国は朝
鮮を見捨てないのか不思議に思う。

北朝鮮は中国が「なくなっては困る国」だと思っており、北朝鮮と韓国が統
一されれば朝鮮半島は民主主義の国家となるからだそうだが、現在、韓国も
米韓軍事演習を行っていて北朝鮮に不満を高めているので韓国が北朝鮮にミ
サイルを発射する可能性もあるのかな?と思いました。

「北朝鮮崩壊いつ!?」

北朝鮮の弾道ミサイルの発射は崩壊寸前の悪あがきなのか?という報道もあ
ります。

北朝鮮はいつ崩壊してもおかしくないと言われている。

「北朝鮮を抑止するため米国とともに具体的な行動を取っていく」とコメン
トした安倍首相。北朝鮮の度重なるミサイル発射や実験強硬姿勢に「単独で
も軍事行動を北朝鮮に!!」
といつブチ切れるかだ。

「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」という発言をした。

北朝鮮に対する軍事攻撃の可能性は大きくなるばかりだ。

日本軍は軍事的なな行動はできないが、米軍の後方支援を行い協力して北朝
鮮の崩壊か・・・・。

度重なる北朝鮮の挑発行為をなぜ中国は何もしてないのかが疑問に思います。

北朝鮮もアメリカとどうしていきたいのかはわからないし、戦争を望んでい
るのか?不安に感じます。

そうなると日本はただ餌食にされるのかと思うと悔しいしゾッとします。

北朝鮮はこれ以上挑発行為を続ければどの国に崩壊されてもおかしくないの
かとは思います。

スポンサーリンク

「北朝鮮崩壊のXデー迫る!!」

イランとサウジの断交、混迷のシリア内戦、イラクやトルコでのテロなど…。

だが今年一番危険な地域は北朝鮮かもしれない。

日本政府高官が憤る。「正直言って全く予測しておらず、まさに寝耳に水だっ
た。従来ならまず長距離ミサイル実験を行ってから2~3カ月後に核実験とい
うのが北朝鮮のパターンだったからだ。

今度こそあの「狂気のモンスター」を許さない。

そんな雰囲気が日本政府ばかりでなく、アメリカを始めとする関係各国に張っ
ている」北朝鮮の最大の援助国であり、北朝鮮の貿易の8割を占める中国も前
回13年と同様、積極的に制裁に加わる姿勢を見せている。

中国は本気で怒っているのだ。

北朝鮮の暴走は続き、自国の援助国である中国にもかなりの挑発行為をおこな
っているんだと思いました。

やはり崩壊までに追い込まれるのは中国からなのかな?と思いました。

中国がもっと早く北朝鮮に強硬姿勢を行っていればこういう状況にはならな
かったのかと思います。

以上、今回のミサイル発射は日本に事前通告もなしに北海道上空を通過し太
平洋に落下した。

グアム島周辺には発車せず米挑発に怯んだのかと思い少し治まるのかと思い
きや、度重なる北朝鮮の挑発行為に日本政府含め関係各国に強硬姿勢がある
ということ。

北朝鮮はどの国に崩壊に追い込まれても仕方ない。

今回の北朝鮮崩壊予言が当たってほしいと思うところです。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

え、崩壊したら難民来るから困るんですけど。

維持したまま黙って鎖国してくれてれば無視するだけでいいのになぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク