北朝鮮崩壊後のシナリオがかなりヤバい…南北統一は日本の脅威!?

うむ。歩み寄ってカリアゲの首を絞めたれ…

北朝鮮が北海道の東側、太平洋沖にミサイルを発射しました。

北日本とその近くの都道府県民には国民保護サイレンである「Jアラート」が
鳴りました。

その都道府県民だけでなく全国の人々が北朝鮮に恐怖を覚えたことでしょう。

このことで安倍首相は国連安保理に緊急会合を要請しました。

今後北朝鮮はどうなるのでしょうか。アメリカだけでなく、海外諸国から経
済措置など取られており、すでに四面楚歌状態。戦争が起こる起こらない以
前に北朝鮮の未来はないように思えますが…。

北朝鮮の崩壊後のシナリオはどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

北朝鮮はどのように崩壊するのか

〈内部崩壊〉

北朝鮮は過去にないくらいの内部崩壊の危機にさらされているようです。

金正恩総書記の父、金日成氏は内部の粛清はしても2,3人というところでした。

粛清といってもだいたいが左遷や収容所への収監でした。
金正恩氏はどうでしょう。

ほとんどが殺害され、幹部たちは次が自分か?と恐怖が広がっているようです。

だからこそ幹部はおろか、国民までもが忠誠心を失っていっているのです。

このままいけば、アメリカや世界が手を加えなくても将来がないのかもしれま
せんね。

〈アメリカの手によって崩壊〉

8月に北朝鮮はグアムへのミサイル発射計画を大々的に発表しました。

これはアメリカへの宣戦布告でしょう。もう逃げ場はないですね。

さらに8月29日の早朝には北海道の東側の太平洋沖にミサイルを発射しまし
た。
これはアメリカと日本への挑発です。

アメリカは迎撃ミサイルを準備していると言っていました。

今回は作動することなく太平洋沖にミサイルは撃たれました。

迎撃ミサイルは撃たなかったのか、北朝鮮のミサイルに気づかなかったのか
、迎撃ミサイルを撃ったら上空で当たり、日本国民に被害が及ぶ可能性があ
ったから撃たなかったのか。

どれが本当かわからないままです。

ですが、挑発したのは確かです。好戦的なアメリカがそろそろ武力行使して
もおかしくないですよね。

いくら北朝鮮が軍事力を上げても、ミサイルなどの技術を上げても、核兵器
を持っていたとしてもアメリカには敵わないでしょうね。

スポンサーリンク

崩壊後はどうなる!?

暗殺された金正男氏は「自分より息子のハンソルが亡命政府の指導者になる
ことを望んでいる」と話されたようで朝鮮半島の統一の夢を自分の息子に託
したがっていたようです。

本人も南北統一は夢のようでした。アメリカや中国、韓国は対北朝鮮のカー
ドとして交渉の切り札となりそうですね。

金正恩氏が失脚後、ハンソル氏を推す声が国内で上がればハンソル氏が指導
者になるこ可能性があるのではないでしょうか。

ですが、戦争をして後に南北統一する場合、経済や政治を統一することは難
しいと予測され、国連の支援を得ながらの統一となることが予想されます。

難しいですが、人口が増えれば経済は発展するのではないでしょうか。日本
も戦後、高度経済成長期に爆発的に経済が発展しましたよね。

韓国の経済力次第では、南北統一後、数年、数十年後に経済が爆発的に発展
することが予想されます。

北朝鮮とアメリカが戦争した場合、おそらく難民が出ます。

その難民の受け入れを日本はすることが予想されます。朝鮮総連があったり、
朝鮮学校があるので多少受け入れやすいでしょう。

その他、ロシアや中国、南北統一しなかった場合の韓国でも難民の受け入れ
はあるでしょう。

それぞれの政府が重点的に難民の受け入れに力を入れるでしょう。

日本も難民をうまく受け入れ、市場をしっかり使用することができるならば、
経済は大きく発展するでしょう。

戦争の被害が日本に直接なくても(ミサイルが撃たれる、侵攻されるなど)がな
ければ経済け被害はそこまでないと思われます。

経済支援はされると思われます。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

北朝鮮は独裁国家で一般市民は大きな情報制限がされているようです。

崩壊後、その一般市民や難民の受け入れを支援や援助、市場をできた国は経
済が発展するのではないでしょうか。

また、金正男氏の息子のハンソル氏が金正恩氏亡きあとの指導者となれば、
北朝鮮もなんだか新たな風が吹きそうですよね。

正直、個人的に北朝鮮は世界的に見ても不安要素にしか見えないです。

経済措置をしても世界が脅しを入れても数年前から比べても経済が発展して
おり、軍事力も目に見えて向上していますよね。

金正恩がそういう力があるんでしょうか。発展力があるのはうらやましいで
すよね。
北朝鮮の今後はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク