jアラート単純な音なのに怖いのは何故?北朝鮮ミサイル発射の恐怖…

8月29日、午前6時頃、私のスマートフォンからJアラートが鳴り響きました。

私が住んでいる場所は地震や災害が比較的少ないとされていて今までJアラー
トが作動したことはほとんど少なかったと思います。

地震の時に聞いた記憶はありますが、ミサイルで鳴ったのは初めてです。

今回は2回鳴ったのを覚えています。

何の音なのか、なんで鳴っているのか、なんでこんな不気味な音なのか…。

疑問が多かったです。

このアラーム音は何の為に、誰が鳴らせているのか調べてみました。

スポンサーリンク

Jアラートとは何か?

Jアラートは2007年から政府が鳴らせています。

通称「全国瞬時警報システム」と呼ばれていて、津波や大地震などの大規模
な自然災害や国内でテロなどの武装攻撃が発生したときに瞬時に鳴るような
システムになっています。

緊急地震速報や津波警報を含む25種類の事柄に対応しています。

緊急地震速報なんかは東日本大震災の時や直後、最近でも思い出したかのよ
うに鳴ることがありますよね。

あの音を聞くとなんか気分悪くなってしまうんですよね。

体と脳がその音を覚えてしまったのか、聞いた瞬間に一瞬体が硬直してしま
います。

アラーム音が怖いのには理由があった!

音が怖い・なんとなく不快なのには理由があったんです。

誰もが危機感を持てるように、警戒心を煽るようにわざとあんな音にしたん
です。

日本人は安心安全な環境なので普段からあまり危機感を持たないで生活して
いるのであえて不安定な気分にさせる音を効果的に取り込んでいます。

確かに、緊急地震速報に慣れてしまったのか(音には慣れていないですが)ア
ラーム音が聞こえても逃げたり、逃げる準備をするどころか、どのくらいの
規模の地震が来るかその場所で待っちゃいますよね。

そういう人の為に不快なアラーム音にしたのです。

総務省が運営するサイト「国営ポータル」にて視聴できます。

万が一、本当に危険が及ぶ際に動揺しすぎないように一度使用することをお
すすめします。

電車や学校など公共の場で何回も意味のない大音量で流してしまうと違法行
為に当たることがあるのでご自宅などで音量は小さめで視聴をしてください。

スポンサーリンク

スマートフォンでしっかり鳴るように設定しておこう!

出先やご自宅で設定していなかったがために一人で逃げ遅れたり、まわりに
迷惑が掛からないようにあらかじめ設定をしておきましょう。

備えあれば患いなしですね。何秒か早く動くことで助かることはありえます。

設定してなかったが故に気づかなくて災害や武装勢力に屈してしまうのは嫌
ですよね。

ならば、設定して一秒でも早く動き出せるよう設定しておきましょう。

iPhoneとAndroidの設定方法をお教えします。

〈iPhoneの場合〉

設定→通知を選ぶ

通知一覧の下部に「緊急速報/災害非難情報」をONにする。

〈Androidの場合〉

エリアメール(docomo)、緊急速報メール(au・Soft Bank)それぞれのページに飛び受信設定をする。

電源オフ時や機内モードに設定してあると受信できないのでご注意ください。

鳴ったらどうすればよいのか?

Jアラートは突如鳴り出します。おそらく予想する人はほぼいないでしょう。

では、なった場合はどうすればいいのでしょうか。

屋外の場合

近くにある頑丈そうな建物に入る。地下があれば地下に入る。

近くに建物がない場合は、物陰に身を伏せ、頭部を守る形にする。

屋内の場合

窓のない部屋まで逃げる。もしくは窓からできるだけ距離をとる。

最近鳴る可能性が高い、鳴る原因となるのは北朝鮮のミサイルです。

まず、ミサイルが飛んできた場合のことを考えます。爆風と衝撃で物は飛ん
できます。窓ガラスは割れます。

なので逃げる前に硬いものの陰に隠れる、建物の中に入りましょう。

地下があればベストです。

地下も崩壊するリスクがありますが、地上にいるより安全と考えられます。

鳴ったら本当に危険な状態ということなので身構えてください。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

私のスマートフォンが初めてミサイルが原因で鳴りました。

いつか来るだろうと思っていた北朝鮮のミサイルで。
聞き慣れない(聞き慣れたくない)音でした。

不協和音ともとれる音でどうしたらよいかわからなくなる心に焦りました。

次に鳴ってしまった場合のことを考えてみました。地震でもミサイルでもま
ずは身の安全を確保する行動をとりましょう。

自分の身を守れるのは自分だけです。

ミサイルでJアラートが鳴らないことを願って日常を過ごしましょう。

もちろんJアラートを受信できる設定にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク