北朝鮮戦争はもうすぐ!? 予言者・江原啓之のメッセージがマジで怖い…その真意とは?

秋のカリアゲ刈りキャンペーン実施中wwwwwwww

2017年8月26日朝方、北朝鮮から日本海に向けて飛翔体が飛ばされたとニュ
ース速報で全国民に知らされました。

3発発射して3発とも打ち上げ直後に爆発し、失敗したと韓国で報じられたと
のこと。安全保障の面はまったく問題ないとのことです…。

今回の実験は失敗で終わりましたが、アメリカ・韓国・日本・北朝鮮を中心
に緊張が走っています。

この争いを何年か前から予言している人がいるのです。

テレビ番組でよく見る江原啓之氏です。

「2017年は不安。色々な意味で不安。二転三転流れていく」ということでし
た。
この不安要素は二つの説があります。

「四国大規模大地震説」と「北朝鮮とアメリカが戦争を始めて、第三次世界
大戦に発展する説」の二つです。

どちらが現実的かというと、戦争のほうが予言当たるのではないかと思って
います。

スポンサーリンク

そもそも江原啓之氏とは何者か?

江原啓之(えはらひろゆき)さんは、1964年12月22日生まれの東京都出身の
方です。

テレビやラジオで圧倒的な人気を誇るスピリチュアリストです。

予言や霊視は当たることが有名です。

テレビ朝日の「オーラの泉」はスピリチュアルの世界を日本で広めていきま
した。少し太めの体に着物姿が特徴的ですね。

オペラ歌手もやっていて、オペラ界でも高い評価で知られています。

過去に予言を的中させた例は、市川海老蔵さんの不祥事や川島なお美さんの
死去、東日本大震災を的中させたことで知られています。

上記であげた二つの説は、両方、もしくはどちらかでも当たるのでしょうか。

第三次世界大戦は起こるのか?どう起こっていくのか?

第三次世界大戦が起こる理由はたくさんあります。

アメリカ側は大国としてのプライドがありますよね。北朝鮮による度重なる
挑発にここまで耐えてきました。

トランプ大統領は名指しで批判され、政策もことごとく非難されました。

北朝鮮に経済措置を行うも挑発はやみません。北朝鮮のグアムへのミサイル
発射計画は大々的に世界中にアメリカを狙いますと宣言しているようですよ
ね。

好戦的なアメリカ(トランプ大統領)は先制攻撃を仕掛ける可能性も無きにし
も非ずなんじゃないでしょうか。

北朝鮮側の理由は、核の保有と開発を認めてもらいたいというのと、独裁国
家として認めてもらいたいという主張があります。

また、アメリカが韓国と合同軍事演習をしていたり、日本を守るための防衛
に力を入れているのも気に食わないのでしょう。

あと、侮れないのは技術力ですよ。昔はよく、実験失敗していたりしました
が、最近は飛距離や落下地点もコントロールできているようですし。

その技術力で武器をアメリカの敵対国に輸出しているという話も聞きますよ
ね。アメリカより物騒な印象は受けますよね。

スポンサーリンク

日本はどうすればよいのか?

日本もアメリカも北朝鮮も今はとても緊迫していて、国民の緊張も高まって
います。

戦争やミサイルが発射されたらどうするか考えてみましょう。

北朝鮮が日本国内にミサイルを撃つ場合、神奈川が狙われる可能性がありま
す。ここは厚木基地があり、十分狙われる可能性があると考えられています。

しかも、核ミサイルの可能性もあるといわれています。

正直怖さしかないですね…。

また、グアムに向けて発射した際、イージス艦が迎撃ミサイルを発射するは
ずです。その場合、北朝鮮からグアムまでの道筋に日本が含まれています。

広島、高知、島根が含まれていて、上空でミサイルが迎撃ミサイルで撃ち落
とされれば、破片は日本国内に散らばり、大きな被害をもたらしかねません。

やはり、一番怖いのは核ミサイルですよね。日本国民だけでなく、世界中が
悲しみに包まれてしまうでしょう。

江原啓之氏の予言は当たるか外れるか信じるか信じないかはともかく、北朝
鮮とアメリカがかなりの緊迫した状態なのでいつ戦争に発展するかわからな
いのが怖いですね。

江原氏の予言は当たることでお馴染みです。

今回の予言は当たるのでしょうか。

また、北朝鮮とアメリカの戦争はほかのスピリチュアリストも予言していた
ことを考えると現実的な話に思えます。

9月9日の北朝鮮の建国記念日前後にミサイルや核ミサイルは発射されてしま
うのでしょうか。

もしものことを考えて、私たち日本国民は非難生活に備えた準備をしなけれ
ばいけません。

何も起こらないことを、核がもう二度と世界に落とされないように、心の中
から強く願いましょう。世界平和を願いましょう。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

北朝鮮と米国が和解して一番困るのは日本だけどな。 

中国、ロシアは喜ぶ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク