松居一代 週刊文春7月13日号にユーチューブで対抗?騒動の真相を暴露

週刊誌は勿論のこと、テレビでも連日のように松居一代のブログや取材した
内容があふれているね。

これは、松居一代のブログ「恐怖の告白」が始まりだったよね。

何かお酒か薬をやってラリって書いてしまったのかな?

それとも精神病にでも罹ったのかな?

と憶測していたけど、こんなに世間を騒がせる事態になるなんてビックリだ
ね。

みんなの最初の疑問はいったい何をしたいのだろう?

何が言いたいのだろう?

というものだったけど、7月13日の週刊文春で書かれている記事で大体のこと
が分かってきたようだね。

タイトルは、「松居一代 虚飾の女王」とあり興味をそそられる小見出しが一
杯だ。

「船越英二 位牌投げ捨て」、「恐怖のノートの中身」、「川島なお美交際
暴露の会見にサクラ記者を送り込む」、「息子が激怒 なんでもっと早く離
婚しなかったんだ!」などなどで繋ぎ合わせてみるとこれまでの松居一代の
奇行の意味が分かってきそうだね。

特に「栄一郎の謝罪文も」という見出しがキーになるかな。

スポンサーリンク

松居一代が起こした一連の騒ぎの発端は?

松居一代から船越英一郎に宛てた謝罪文が一番目を引くね。

これは、川島なお美さんがお亡くなりになった時に松居さんが2015年10月に
開いた自著の出版会家での出来事だ。

船越栄一郎が、川島なお美と以前に付き合っていたことの暴露話で出版会見に
関心をひかせるために死者に非礼も甚だしい品性下劣な宣伝をしたんだね。

松居さんは真面目な人だからとか、時間を持て余しているからと今回の松居さ
んの行動について温和な態度で接しているタレントもいるけど、この川島なお
美の一件は、世間的にはそのままスルーされたけれど許されて良いものではな
いよね。

このスルーされた要因の一つは、船越英一郎が激怒して松居さんと別居に至る
という流れがあってそれなりに松居さんはペナルティーを負ったから世間もま
あいいかという空気になったからだね。

この別居からの流れが今回の松居さんの奇行の原因になっていると思えるね。

奇行に見える松居一代の行動には理由が?

週刊文春7月13日の記事では、川島なお美さんの件で別居した船越英一郎に
謝罪文を送り「私の全細胞60兆の細胞で猛省してきました。本当に申し訳
なかったです。・・・私を妻としてくれたあなたに対して私は、いたらない
妻でした」と謝っている。

それでも夫婦仲は修復されず別居状態になっていた。

松居さんは、なんとか夫婦仲を元に戻したかったらしいけど結局うまくいか
ず精神的にかなりこたえたようだ。

そしてブログ「恐怖の告白」に繋がるんだね。

自殺をブログの中でほのめかした松居さん。

愛している船越英一郎のマンションで死のうと思って行くと恐怖のノート、
ハワイに何度も出かけているパスポート、そしてなんとバイアグラが見つか
ってしまった。

これで誤解なのか正しい女の第六感が働いたのかわからないけど、船越英一
郎は自分を裏切っていると信じ込んだんだね。

そして、完全に離婚に向かって船越英一郎が動いていることが分かった松居
さんは離婚から逃れるためか、船越英一郎への憎みを晴らすためか、自分だ
けが苦しい思いの中で取り残されてたまるかとの思いを果たすための行動を
だれにも邪魔されないように逃げ回っているんだ。

この逃げている間にブログで自分の方が被害者なのだと分かってもらう作戦
を考えた。

だけど、松居さん自身が現状をどのように変えたいのかがはっきりしないん
だよね。

おそらくは自殺を考えないで済む以前の自分に戻りたいんだけど、船越英一郎
が誤るか昔のようにやさしい言葉をかけてくれれば気が済むのか。

松居さん自身でも、分からない心の中でこり固まった氷を溶かす方法を探して
いるように見えるね。

スポンサーリンク

この夫婦喧嘩はどうおさまるの?

結局、夫婦喧嘩は犬も食わないで馬鹿らしくなってくるんだけど週刊文春の
記事で疑問が無くなるか他の新たなネタが来れば忘れてしまう感じだな。

でもしばらく騒ぎは止まらない。

船越英一郎さんのパスポートを松居さんが持っているため海外に行けず仕事
に支障が出始めているらしいね。

船越英一郎の所属する天下のホリプロが動いて業務妨害で訴えるか何らかの
手を打つと急速に事態が収拾されて離婚手続きまで進むかもしれないね。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

  1. 松居一代が起こした一連の騒ぎの発端は?
  2. 奇行に見える松居一代の行動には理由が?
  3. この夫婦喧嘩はどうおさまるの?

文春の記事では息子さんが醜い争いをさらしている親に悲痛な叫びを発して
いるらしい。

傷ついていく松居一代さんを案じている人がいることに少しは救いがあるね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク