前川喜平 出会いカフェ騒動文春が続報!?相手女性が衝撃告白!?

なんで男子の貧困調査はやらないの?

色々な記事で話題騒然の週刊文春ですが、以前から話題の元・文部科学省事
務次官の前川喜平さんの記事がさらに話題になっていますね。

現在、学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる問
題で参考人招致をされている前川喜平さん。

「背後に官邸の動きがあった」との発言でも話題になっています。

加計学園問題に関する事ではなく、前川喜平さんの出会い系バー報道は大き
くメディアで取り上げられる結果になってしまっていますよね。

前川喜平さんも出会いカフェへの出入りは認めていましたよね。

なんでも、女性の貧困調査との事で、女性と不適切な関係にはなっていない
と主張していましたよね。

しかし、警察が内偵調査をしていたという情報があり、前川喜平さんに注目
がいっています。

前川喜平氏はクロなんでしょうか、シロなんでしょうか。

週刊文春がいったい何を今後も記事にしていくのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

元・文部科学省事務次官 前川喜平の出会いカフェ騒動とは?

加計学園騒動で、安倍総理によるご意向があったことをほのめかした文部科
学省の事務次官を務めた前川喜平さんですが、新宿歌舞伎町の「出会いカフ
ェ」に出入りしていたスキャンダルが報じられました。

前川喜平さんは、この出会いカフェに100回前後出入りしていたと言われて
いるようです。

これだけ出入りしていて目的が「貧困女子の実態調査」はだいぶ無理がある
ような気がします。

出会い系カフェは男女の出会いの場を提供するという趣旨のようですが、店
のよっては売春の温床となっているケースもあるようなんです。

前川喜平さんが通っていた店で売春行為が行われていたかは分からないよう
ですが、警察が内偵していたということは、その疑いがあったのではないで
しょうか。

どうも、内偵がされていた時期は、前川喜平さんが通っていた時期と一致す
るようなんです。

また、前川喜平氏は在職中に首相官邸幹部に呼ばれ、その店に出入りしてい
ることで注意を受けたこともあるようなんです。

前川喜平さんは天下り斡旋の責任を取る形で退任していますが、売春の疑い
がある店に通っていたことが明るみに出る前に、別の口実で辞めさせたので
はと疑うこともできるのではないでしょうか。

なんとも怪しい、黒に近いグレーな話ですよね。

週刊文春が何を記事にしたのか!

週刊文春は、前川喜平さんが通っていた出会いカフェを取材し、ある女性の
証言を取っているようです。

それによると、前川喜平氏は店で「前田」と名乗り「まえだっち」と呼ばれ
ていたそうなんです。

その女性は友人と一緒によく食事をおごってもらっていたようですが、それ
以上の関係ではなかったそうです。

しかし、前川喜平氏はその女性と3年間で30回以上、週に2回会っていたこと
もあるそうです。

貧困調査のためにしては多すぎるし、調査というなら1人に絞らず同じ状況の
何人かを対象にするのが普通ではないでしょうか?

対して、週刊新潮の記事に登場する女性は前川喜平氏の目的を違うものだと
見ているようです。

それによると、前川喜平氏はカウンターで食事をしながらじっと女の子を見
ていたそうです。

別の女性は、前川喜平氏が店を訪れていた目的を「女の子とホテルに行くた
め」と断言しているそうです。

気に入った女性がいたら連絡先を交換して個人的に会うようにすれば店に払
う入店料も必要ないにも関わらず前川喜平氏は週に3~4回も通っていたので
、それは多くの女性と遊ぶのが目的だったのではないかと、その女性は推測
しているようです。

週刊文春と週刊新潮では同じ人物のことを語っているとは思えないほど食い
違う内容ですよね。

どちらが真実なのか、それともどちらも真実で、前川喜平さんはその時々で
違う顔を使い分けていたのでしょうか?

スポンサーリンク

加計学園の獣医学部新設についての閉会中審査

学校法人「加計学園」の獣医学部新設の経緯などを審議するため、前文部科
学事務次官 前川喜平さんらを招致した閉会中審査が7月10日午前、衆院で
実施されました。

今回の閉会中審査におけるポイントの1つは、加計学園の獣医学部新設をめ
ぐり「官邸はどう関わっていたのか」という点のようです。

文科省内で見つかった

「安倍首相が新獣医学部の開学期限を平成30年4月に設けるとの意向を示した」

との趣旨の発言をしたと記されたメモについて質問があり、前川喜平さんは

「獣医師の需給の見通しを立てるためには農水省や厚労省の参画が必要というのが文科省の認識で、その調整をしてもらいたいというスタンスだった」

と説明していました。

「結局、うまくいかなかった。内閣府が話を進めるに当たっては背後に官邸の動きがあった」

と改めて官邸の関与を指摘したそうです。

また、審議の中で前川喜平さんは歌舞伎町の「出会い系バー」に出入りして
いたことに関する「女性の貧困について実地の視察調査」との釈明について
、『調査』という言葉は適切でなかったかもしれない。
と答弁したそうです。

その上で

「読売新聞になぜ(報道が)出たのかを問題にすべきだ。官邸と読売新聞の記事は連動していると感じた。国家権力とメディアの関係は問題だ」

と話したそうです。

「調査」でなければどんな言葉で表現すれば適切だったんでしょうね。

前川喜平さんの問題にどうしても出会いカフェが付きまとってしまう、少し
可哀想な気もしますが、そちらの方もしっかりと弁明して、すっきりしてほ
しいものです。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

前川、新ネタなし。記者会見で話したことと同じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク