松居一代ユーチューブ第2弾内容全文を分析!第3弾はどうなるバイアグラ男 !?

寂しいババアだな。女の顔じゃなかった…。

松井一代さんが命を掛けて告白します!!とユーチューブに動画を投稿し、
話題を呼んでいます。

7月4日に第一弾として、週刊文春に騙された!!、恐怖のノートを手に入
れた!!、船越英一郎と全面的に戦います!!とよくわからない告白動画
でした。

そして7月5日に第2段としてこれまでの船越英一郎さんの秘密や週刊文春
にされた対応など、第1弾よりかは今回松井一代さんが騒いでいることに
繋がるようなことが告白されていました。

今回は、松井一代さんと船越英一郎さんの離婚騒動について、公開された
真実の告白第2段の発言全文を元に、考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

松井一代、命を掛けてユーチューブ投稿

今回の騒動のことの発端は、当事者である松井一代さんが自身のブログで、
「1年5ヶ月も尾行されている」、「恐怖のノートを見つけた」など、ちょ
っと怖い記事の更新をしたことから始まりました。

あまりにも唐突だったため、「松居一代がついにおかしくなった。」とネ
ットでは言われていましたね。
(動画投稿以降もおかしい扱いはされていますが…)

僕もネットと同じ反応でしたね(笑)

いきなり「尾行されている」「恐怖のノート」とか言っても、事情知って
いない限りおかしくなったとしか思えません。

そしてブログから約1週間後の7月4日に真実の告白第1弾として「週刊文春
に騙された」と必死に訴えかけている動画が投稿されました。

第1弾では…。

  • 週刊文春に騙された
  • 編集長に相手にされなかった
  • 船越英一郎のノート(恐怖のノート)には恐ろしことが書いてあった

という発言がされていました。

んー、、、正直これだけではまだ松井一代さんがおかしくなって暴走して
いるだけなのかなと感じちゃいますね。

スポンサーリンク

第2弾で船越の裏の顔の真相全文

第1弾が投稿されて次の日、7月5日に第2弾として「船越英一郎の裏の顔」
として、船越英一郎さんに関する発言が投稿されました。

第2弾は(全文は載せきれないので、要所だけまとめます)

  • 船越英一郎は糖尿病である
  • 病気を隠して、健康食品のイメージキャラクターをしている
  • 頻繁にハワイに行っている
  • 松居一代のハワイの友人と不倫をしている
  • 日本の会員制ホテルで不倫相手とあっている
  • バイアグラ100mgを飲んでいる
  • ノートには週刊誌で出る前の情報が載っている
  • 全て松居一代のせいにして離婚をしようとしている

要所だけまとめただけでも、第2弾は内容がかなり濃くなっています。

糖尿病であることは、初めて知ったのでそうだったのかと軽く驚いたのです
が、なぜか不倫の方はそんなに驚かなかったですね。

最近、10股するドラマに出演していたからでしょうか?(笑)

こう考えると、適役だったのかもしれませんね(笑)

そしてネットでネタにされつつあるバイアグラ100mgを飲んでいること。

前から糖尿病でED(勃起不全)であり、不倫相手と行為をするために飲んでい
ると言っています。

これって言う必要あったんですかね?

不倫相手と行為をしているということを伝えたかったのかもしてませんが、
僕にはこの発言の必要性がまったくわかりません。

騒動の発端から今まで、一番気になっているのは恐怖のノートですよね。

第2弾では、現物のノートが出てきましたが、肝心の中身の内容が公開さ
れていません。

口頭で松井一代さんを陥れようとしている内容としか説明がありません。

なぜ松居一代さんは現物のノートがあるのに、中身を見せないんでしょうか?

変に演技っぽく訴えかけるよりも、よっぽど説得力があると思うんですけどね。

もしかしたら、いざという時のために残しているのかもしれませんが…。

「尾行」や「恐怖のノート」など不穏なワードが飛び交っていて、松居一代
さんも松井和代さんも助けてください!と必死に訴えかけて、なんとも深刻
そうな様子ですが、僕からしたら、離婚騒動でただ騒いでいるだけの気がし
ます。

裏切られたとか騒ぐのはいいのですが、僕たちに訴える必要性ってあるんで
すかね?

助けてください!と言われても何かできるわけではないですし…。

第3者としては見ていて面白いですが、松居一代さん、船越英一郎さん両者の
イメージがどんどん下がっていくだけなので、早く解決することを祈っていま
す。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

これは死人が出るまで収束せんな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク