藤井聡太はアスペルガーだった!?幼少期から遊んでいた迷路が直観力を鍛える!?

やっぱり日本人なら将棋だろw

わずか14歳でプロ公式戦初対局勝利から無敗連勝記録で話題の藤井聡太さん。

非公式戦では将棋界の絶対王者と言われる羽生善治氏も下した藤井聡太さん
ですが、史上最年少のプロ棋士にして公式戦29連勝の新記録を打ち立て注目
されています。

彼が注目されるのは記録だけではなく、対戦中に見せる姿勢や癖がアスペル
ガーなのでは?という声もあるようです。

藤井聡太四段の集中時の癖や、アスペルガー症候群なのか、また、話題にな
っている藤井聡太さんの直観力を鍛えたと言われる、おもちゃや迷路につい
ても調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

藤井聡太さんはなぜアスペルガーと言われるのか?

最少年棋士として、また、デビューから公式戦負けなしとあって注目を浴び
ている藤井聡太四段ですが、その素晴らしい実績とは裏腹に、実はアスペル
ガー症候群なのでは?との声もあるようです。

その理由として、対戦中に集中すると前傾姿勢になったり、耳たぶを触った
りといった癖が注目されるようになったからです。

将棋には集中力がとても重要で、藤井聡太四段は将棋に集中するあまり、無
意識のうちに前傾姿勢になっていると思われます。

アスペルガー症候群の方は、ある物事へのこだわりが強く、興味を一旦持つ
と過剰なほどに集中し、周りが見えなくなると言われています。

また、相手の気持ちが掴めなかったり、場に合わせた行動が取れなかったり
することも特徴です。

しかし、藤井聡太四段はインタビューの受け答えなど14歳とは思えないほど
しっかりとしていますし、対人関係が苦手なようには見えません。

実際に前傾姿勢を取ると、通常の姿勢に比べて集中力が上がる効果があるよ
うです。

藤井聡太四段の強さと前傾姿勢や耳たぶを触るなどの癖は将棋に集中するこ
とに結びついているのかもしれません。

藤井聡太四段の通う中学校も名古屋で優秀な大学の付属中学に通っていて成
績もかなり良いそうです。

将棋だけでなく、中学校まで進学校で成績が良いなんて全てにおいて集中力
が高く努力家なんだと思います。

迷路から学ぶ子育て法とは

藤井聡太四段が将棋を始めたきっかけは、5歳の頃、おばあちゃんからKUMO
NN TOYの「スタディ将棋」をもらったことがきっかけのようです。

一気に将棋の魅力にはまり、その冬から将棋教室に通い始め、小学4年の時に
プロ養成機関の激励会に入ったそうです。

その他、幼少期によく遊んでいたおもちゃがスイス製の木製玩具の「キュボロ
」です。

これは、溝や穴がある積み木を積み上げて立体迷路を作って、上からビー玉を
走らせる知育玩具です。

藤井聡太四段は、このおもちゃを3歳の頃から作っていて、何度も立体迷路を
作りたくさんのパターンを試していたそうです。

3歳当時の藤井聡太四段が作ったという立体パズルは大人でも真似できない難
しい出来栄えだったそうです。

幼い頃から考えるのが好きだったのでしょうね。

藤井聡太四段の集中力や直感力は日頃の訓練で鍛えたものと思われますが、キ
ュロボで遊んでいたことも直感力が鍛えられた要因では無いかとも言われてい
ます。

このおもちゃで、考える力や集中力が養われたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

藤井聡太さんはアスペルガーなのか?

藤井聡太四段は史上最年少にして圧倒的な強さのためか、藤井聡太四段には
アスペルガー症候群の噂が流れているようです。

また、母親が藤井聡太四段は「生活能力が低い」と評しているようです。

一例としては、中学入学間もない頃のエピソードで大阪に一人で泊りがけで
行った藤井聡太四段は服と傘を将棋会館に全部忘れて帰ってきたそうです。

このようなエピソードと対局中の集中力のギャップが、アスペルガーの典型
的な症状が出ていると噂されるようになってしまったのではないでしょうか。

中学生ぐらいの子だったら忘れ物などはよくある事だと思いますし、それよ
り中学生が一人で泊りに行けるほどしっかりしている事に驚きです。

藤井聡太四段はアスペルガーの典型的な症状などではなく、普段は普通の中
学生で、将棋は天才なのではないでしょうか。

藤井聡太四段の強さはアスペルガーによるものだとか言われていますが、直
感力がずば抜けて冴えていると言っても過言ではないでしょう。

今後も連勝記録を伸ばし、将棋界を盛り上げていってほしいと思います。

今後の活躍も楽しみです。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

芸能事務所みたいなゴミ溜めには絶対はいるなよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク