小林麻央さん死去、葬儀日程を滞りなく終わらせた麻央さんの力

そのニュースに日本中が言葉を失った。

ニュースを聞かされても何も言えず、ただがっくりと肩を落とす人も多かっ
たように思うよ。

少し時間がたった今ではテレビの中には悲しみの言葉があふれている。

そんな中、小林麻央さんの葬儀が滞りなく済まされたようだね。

これも言葉にすると薄っぺらになるけど、まさしく人徳、小林麻央さんの人
としての品性がもたらした家族による穏やかな葬儀になったようだ。

夫であり父である市川海老蔵さんは息子、勧玄君の来週始まる舞台の稽古を
やらなければならず、さらに次から次へとやるべきことに追われる毎日。

小林麻央さんの力がここでも発揮され葬儀を早々に済ませ次の一歩を踏み出
す家族の歩みを進めたように見えるんだな。

あの世に旅立っても家族の力になり続ける小林麻央さんの力とは何だろう?

スポンサーリンク

市川宗家を存続させた小林麻央さん

数々の女優たちと浮名を流していた市川海老蔵が小林麻央さんと結婚した時
は世間もびっくりした。

果たして、あの海老蔵をコントロールできるのか、梨園の妻が務まるのかと、
あどけなく世間知らずのお嬢さんにしか見えなかった小林麻央さんの事を世
の大人たちは心配したものだ。

そうしたら案の定、新婚早々に海老蔵が事件をやらかした。

元暴走族と夜の酒場でケンカとなり絶対に受けてはいけない顔面の骨折をし
てしまった。

歌舞伎役者としての生命が絶たれるほどの出来事だね。

当然舞台にも出られず、ましてや世間の人達に許してもらえるかも分からな
い状況だった。当時の海老蔵の好感度は酷かったからね。

その事件の裏で「人として変わらなければなりませんね」と麻央さんに諭さ
れたと海老蔵自ら明かしているよね。

その後、次第に海老蔵の顔がヤンチャなチンピラ顔からしっかりした男の顔、
夫の顔、父の顔へと変貌してきたことはテレビを見ていてわかることだ。

ようやく市川宗家を海老蔵が継いだという感じだった。

もし麻央さんがいなかったら海老蔵はどうなっていただろう、市川宗家はど
うなっていただろう。

市川宗家を歌舞伎界に生き残らせたのは海老蔵をまともな人間にした麻央さ
んだと思っている人は多いよね。

癌に生きることを現した小林麻央さん

神は神に近い才能や品性を持った人間を早くに手元に呼び寄せたがると昔か
ら言われているけど、何で?と世間のみんなが思った麻央さんの癌発症。

約1年半の間ほどらしいけど世間には知らせず海老蔵さん家族で麻央さんと
一緒に癌と闘っていたようだ。

そんなことをおくびにも出さず海老蔵として仕事に出続けていたらしい。

いい男になったもんだな。

夫としても父親としても頭が下がる思いを世の男たちが思い始めたときだっ
たな。その後さらに驚くことに麻央さんがブログを始めだした。

最初は戸惑いが大きかったと思うな。

だって残酷だろ?他人の目からしか物を言えないけど死の病と闘いながら、
もしかしたら心が折れてしまうかもしれない、その様子をブログで知らされ
ることに恐怖すら感じる人もいたと思うよ。

だけど麻央さんのブログが語ったのは癌であることも含めて家族と一緒に生
きるということだったね。

麻央さん死去の時の海老蔵さんの会見で「まるで人でないよう」と麻央さん
の事を評していた。

夫である自分の口からは言えなかったんだろうけど、ブログで語り続けた麻
央さんは「まるで神様のよう」と言えるね。

神性が宿っていた人間のように思えるよ。

スポンサーリンク

家族の有り様を思い起こさせた小林麻央さん

小林麻央さんの葬儀が滞りなく家族でとり行われて世間の人も自分の身の事
に思いをはせ始めた。

夫や家族ともっと一緒に居ようと思った方々のコメントも多く聞かれている。

死去の報道を聞いて夫に早く帰ってきてもらい「もっと一緒に居よう」とい
った主婦の話や旅行を計画した夫婦。

家族の在り方について深く考えさせられた市川麻央さん、海老蔵さん、麗禾
ちゃん、勧玄君の姿だった。

麻央さんのブログを永遠に残してほしいという声が上がっているようだね。

癌と生きている人たちや家族を思う人たちの中から出てきた想いだね。

ただただ残念なのは家族なら願う病魔の克服という奇跡が叶わなかったこと
だね。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

  1. 市川宗家を存続させた小林麻央さん
  2. 癌に生きることを現した小林麻央さん
  3. 家族の有り様を思い起こさせた小林麻央さん

これだけの落胆と喪失感の後に家族の事を想いはじめてしまうのは何故なん
だろうね。

小林麻央さんのご冥福を祈るとともに残った子供たちには幸せに生きて欲し
いよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク