小林麻央の死去が7月6日と予言したのは誰?その根拠が壮絶!?

ご冥福をお祈りします。

また悲しい速報が入ってきました。

乳がんで闘病生活を送っていたフリーアナウンサーで市川海老蔵さんの奥さ
んである小林麻央さんが6月22日の深夜に亡くなられました。

2014年の2月に乳がんが発見され、ステージはⅣ期と一番症状が重い段階だ
ったそうです。

5年生存率が31.6%程と言われているⅣ期で、約3年と5ヶ月生き、闘病生活
していたと考えると相当辛かっただろうなと思います。

そんな辛い闘病生活の中でも2016年からブログを初められて、亡くなるまで
2日前まで治療の様子、元気な姿など毎日のように更新されていました。

そんな辛い闘病中でも、笑顔にさせてくれていた小林麻央さんのことについ
て調べていると、「死去 7月6日」というキーワードが浮上してきます。

このキーワードはどこから出てきたんでしょう?

今回はこのキーワードについて調べて見ました。

スポンサーリンク

癌と闘い抜いた小林麻央さん

2014年に乳がんが発見され、以降乳がんと日々闘ってきた小林麻央さん。

当初は医者から、命は持って2016年の7月~8月に言われていたと市川海老蔵
さんがテレビ番組で公表していました。

末期がんの状態で、余命よりも1年も長生きするってすごい生命力です。

闘病中は夫の市川海老蔵さんや両親、お子さんまで一生懸命治ることを願い
ながらサポートしていました。

やはり家族のサポートがあったからこそ、小林麻央さんも頑張れて、1年以
上の延命できたんでしょうか。

当初の余命時期あたりから、症状も多少軽くなってきて、ブログも初められ
たのもその時期です。

ほぼ毎日のように元気な姿をブログにも載せていて、がんを克服してまた元
気な姿をテレビで見せてくれる。

そう思っていたのですが、2017年6月21日に容態が急変、前日まで話せてい
たのが嘘かのように全く話すことができない状態。

そして舞台を終えて急いで帰宅した市川海老蔵さんに「愛してる」と言って、
6月22日の深夜に息を引き取ったそうです。

最後の最後まで夫・家族を愛し続けて34歳という若さで亡くなったと考えた
だけでも涙が出てきます。

占い師が死去を7月6日と予言

悲しみの中、小林麻央さんについて調べていると死去と7月6日というキーワ
ードを目にします。

頑張って闘病している方に対して、7月6日に死去すると予想するとかちょっ
と人間性を疑いますよね。

それに何を根拠にこの日付を言っているのか調べて見ると、ある占い師が勝
手に余命予想をして発言し、それがネットで広まっているようです。

別に勝手に余命予想をするのはいいと思うんですけど、それを言葉にして発
信するのは考えられないです…。

正直占い師もですが、それをネットで回して流していた人も許せないです。

スポンサーリンク

予言した占い師は天瀬ひみか

余命予想をしていた人物は「天瀬ひみか」さんなのですないかと噂されてい
ます。

天瀬ひみかさんは以前に、イギリスのテロ発生や様々な現象などを言い当て
ており、小林麻央さんの末期がんの進行なども言い当てていたそうで、少し
有名になっていたようです。

そして7月6日に死去すると自身のブログで予言。

どこで何が起こるなど予言するのを聞いているのは、僕自身信じるわけでは
ないですが好きですが、人の人生を勝手に予言して言葉にするって何度も言
いますが最低ですし、嫌いです。

予言してきたことがほぼ当たっていて、信ぴょう性があるとか言ってる人も
いますが、個人に対してネガティブなことを予言し、共有していて何が楽し
いんでしょうか?

僕には気持ちが理解できません…。

小林麻央さんのことで一部に注目されている、天瀬ひみかさん。

普段から執着するかのように自身のブログで予言していたとも言います。

小林麻央さんの末期がんの闘病生活にのぞむ姿勢などについては、2016年に
BBCの「世界の女性100人」にも選ばれる程注目されていました。

自分の売名行為の為にネタにしていたのでしょうか?

真意はわかりませんが、この先病気と闘っている人などの余命予想をブログ
などで書き込むのはやめて欲しいですね。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

息子の歌舞伎デビュー見たかっただろうな・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク