豊田真由子議員 秘書に「 このハゲーっ! 」2ちゃん驚愕YouTube急上昇www

秘書は社会悪に大ダメージを与えたな英雄だわ。

6月22日発売の「週刊新潮(2017年6月29日号)」でスクープされた自民党
・豊田真由子衆院議員(42)の政策秘書に対するパワハラ問題。

ニュース番組、ワイドショーでいっせいに報じられ、ネットでも「豊田真由
子」がTwitterのトレンドワードに上がるなど大きな話題となっていますね。

さらに、21日夜になって、秘書が車中で録音した音声がYouTubeの「デイリ
ー新潮チャンネル」で公開されると、罵倒する声の凄まじさに、2ちゃんねる
のユーザーも驚愕しているとこれまた大騒ぎになっていますよね。

「モラハラ、パワハラ」がひどすぎるという事なんですが、いったいどんな内
容で、どんな騒動なのか調べてみました。

スポンサーリンク

豊田真由子衆院議員ってどんな人なの?

今回、元秘書への暴言・暴行が報じられた自民党の豊田真由子衆院議員(42)
は埼玉4区で当選2回の実績をもっている議員さんらしいです。

選挙ポスターと実物は若干違う気もしますが、今の画像編集技術の進歩がす
ごいのと、カメラマンさんがお上手なんでしょうね。

豊田議員は女子御三家の名門、桜蔭高から東大法学部を経て厚労省に入省し
たエリート。
女性で優秀な方がたどる王道ですね。

その後ハーバード大大学院も修了、衆院議員に当選後は文科大臣政務官など
を歴任するなど輝かしい進路をたどってきたんです。

本当に素晴らしい経歴ですね。非の打ち所がないです。

その豊田議が5月20日、50代の男性秘書の運転する自動車の後部座席に座り
「この、ハゲーっ!」などと大声で罵り、頭部を数回殴ったようなんです。

「週刊新潮」は秘書が録音した音声をインターネット上に公開するやいなや
、1日足らずで80万回以上再生され、YouTubeの「急上昇1位」となり、現
在も再生数は伸び続けているらしいです。

豊田氏は謝罪したようですが、秘書は警察への被害届提出を検討しているん
ですって。

秘書は通常国会閉会日の18日付で退職したそうです。

それが報道番組などで報じられたんですよね。

番組では、豊田議員の元秘書に対して発したと言われる音声データなども放
送され、ヒステリックに口汚く罵っている女性の声と、謝る男性の声が録音
されていたんだそうです。

私は聞いていないですが、なんだか想像しただけで怖いです。

渦中の豊田真由子衆院議員は、6月22日(木)夕方に自民党の離党届を提出
したと報道されていますが、ネットでは「離党で済むか。議員辞職しろ」と
いった声が沢山あふれていますね。

いったいどうなっていくのでしょうね。

議員以前に、人としてあり得ないの声!

録音が公開された、豊田真由子衆院議員の罵倒の原因となったのは、支持者
に送る47通のバースデーカードの宛先と名前が違っていたことだと週刊新潮
は報じていますね。

確かに、宛先と名前が間違っているのは、致命的なミスですよね。

この秘書さんにも問題があるんだろうと推測できますが、豊田議員に同情す
る声は皆無なようですよ。

とくにネットで批判されているのが、

「おまえの娘がさ、通り魔に強姦されてさ、死んだと」

「(秘書の)娘が、頭がグシャグシャになって脳味噌飛び出て、車に轢き殺されても」

といった脅迫とも感じられる罵倒があるんだそうです。

ネットでは、離党だけでなく「議員を辞めろ」と批判されている豊田議員です
が、「議員として以前に、人としておかしいだろ」との指摘も多く上がってい
ます。

私も、なんでそこまで言われなければならないのかと思ってしまいました。

あまりにも酷すぎますよね。こんな事がよく思いつくなって思うくらいです。

やはり人間的に問題があるのかもしれないですね。

スポンサーリンク

精神的に不安定になり入院した!

自民党・下村幹事長代行が

「相当本人は精神的に混乱をしているところもあって、また心身症的なところもあるということで今日入院されました。詳しくは聞いてませんが、退院されてから本人からもしっかりと説明してほしい」

と会見で話していました。

事務所によると現時点で記者会見などの予定はないとの事のようです。

事務所関係者は取材に対して、暴行や暴言の事実を大筋で認めて、「誠心誠
意おわびすることに徹する」と言っていたみたいです。

この事件、これで終息してしまうのでしょうか。

今後を見守りたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

議員になるヤツ、面白すぎるな。

号泣議員とかハゲー議員とか、下手なエンタメより面白いwww

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク