藤井聡太四段の23連勝!!異例なのは扇子販売だけwww

だんだんモンスター扱いになっていく藤井くん。

14歳の中学生、藤井聡太四段が日本将棋連盟によるプロの公式戦で23連勝をした。

いつも愛用の扇子には『大志』の2文字が書かれている。

160名ほどのプロ棋士の1割程度の人気棋士のみが発売されるプロ棋士の公式グッ
ズとしての扇子だけど、プロとしては最も段位の低い4段の藤井聡太の扇子が発売
されることは異例のことだというよ。

さらに一人一本しか買えないのに正午からの販売で40分後に完売したって。

完売直後に山形から扇子を求めに来た女性が買えず残念とのコメント。

四段の時の扇子はとても貴重になるということと名前入りということで藤井聡太の
扇子販売を求める将棋ファンが要望したから販売に踏み切ったんだって。

異例なのは扇子販売だけかな?

藤井聡太のような才能のある人が突然将棋界に出てきたのは異例なんだろうか?

藤井聡太のような子供は普通に育てられるんだろうか、それとも育て方とは関係な
い異例な子の誕生なのかな?

藤井聡太はプロ棋士には異例の戦歴を残すのだろうか?

ちょっと藤井聡太の『異例』を考えてみよう。

スポンサーリンク

藤井聡太の出現は日本将棋連盟にとっては当然なのだ!

ダウンロード

卓球界の福原愛、フィギュアスケートの浅田真央、これらの選手が出てきて今や
卓球界やフィギュアスケート界は才能ある若者であふれかえるようになった。

昔では考えられないことだ。

1人の飛び抜けた才能の持ち主が、彼らの居場所を活況ある場へと変えていく。

では藤井聡太の出現はどうなのだろう?

その前に語らなければならないのは羽生善治9段だね。

日本将棋連盟の棋士データベースによると羽生さんは、1970年9月27日生まれで
1985年12月18日の15歳に四段になっている。

翌年に新人賞を取ってから1987年には天皇戦と若獅子戦に優勝、1989年には竜王
となっており、2007年12月には公式戦1000勝をマークした。

つまり四段に昇格してから2007年までの22年間で1000勝なので1年間に45勝して
いる計算。

現在までに優勝44回、竜王13回、名人16回、王位22回、王座25回、棋王17回、王
将18回、棋聖18回の化け物なのだ!

藤井聡太の公式戦23連勝などとは全くかけ離れた戦績を誇っているのが羽生善治さ
んなのだ!

つまり既に日本将棋連盟には化け物のような棋士が生まれてくる土壌があったとい
うことだ。

それは才能あるものをすべて受け入れる徹底したプロ棋士養成システムにあること
は間違いない。

藤井聡太は出るべくして出てきた将棋界の次なるホープの一人であり異例の出現で
も何でもないのだ!

藤井聡太のような子供を育てることは可能か?

藤井聡太の連勝報道が世の中をにぎわせている。

楽しみでうれしい話題だ。もっともっと盛り上がってほしい。

最近、町のお母さんたちからのインタビューで藤井聡太のような子供が欲しかった
とか、実の子が聞いたら気分の悪くなるコメントをよく聞く。

世のお母さまたちにとっては、どう育てたら我が子が藤井聡太のようになるんだろ
うと考えているらしい。

そこで関心が集まるのは藤井聡太のお母さんの育て方だ。

例によってマスコミ取材の様子がテレビ放映された。

5歳の時、将棋の事を考えすぎて母親に頭痛を訴えたそうだ。

生来ワンパクかつ頑固者で負けず嫌いらしく、木に登ったり一度言い出したら母
親の言うことは聞かなかったり将棋で負けると将棋盤を抱きかかえて泣き続けた
りと、将棋が大好きでしようがない子供だったらしい。

もう育てるとかの余地などないよね。

三つ子の魂百までっていう感じだね。

どんなにやったって藤井聡太のようには育てられないよ。

何かを死ぬほど好きにさせることなんて出来る?
持って生まれたもので親が育てるものじゃないね。

つまり藤井聡太が生まれたことは、異例な人間が誕生したってことだね。

スポンサーリンク

藤井聡太の将来の戦歴は異例なものになるのだろうか?

yjimage

まだ、23連勝したってだけで先に紹介した羽生善治さんの戦歴に比べたら赤ちゃ
んになる前の胎児レベルだと思うけど、この23連勝が将来の戦績を予測させるも
のだろうか?

日本棋士連盟のゆるキャラである加藤一二三・九段(ヒフミン)が藤井聡太に非
公式な対局で負けた際に言ったコメントがある。

藤井聡太の実力は羽生さんレベルには追い付かない程度らしい。

そして今回の公式グッズである『大志』の文字入り扇子に対しては、「中三で大志
と言っているのにはまいりましたね。どんな大志か分かりませんね。」ということ
らしい。

プロの目から見て、まだまだこれからで異例な戦績を期待するには早すぎるみたいだね。

スポンサーリンク

Twitterでの反応

まとめ

  1. 藤井聡太の出現は日本将棋連盟にとっては当然なのだ!
  2. 藤井聡太のような子供を育てることは可能か?
  3. 藤井聡太の将来の戦歴は異例なものになるだろうか?

何にしても楽しくなるニュースだ。若い才能が輝いているのは素晴らしいな!

次はどんなニュースかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク