山口敬之 昏睡レイプ疑惑の被害者詩織さんが美人過ぎで2ちゃん炎上www

TBSは再現ビデオ作れ。

皆さん山口紀之と言うジャーナリストをご存知でしょうか。

元TBS社員で安倍総理べったりのよくテレビでも見かけるジャーナリストです。

この山口紀之氏がなんとレイプをしたと言う事件が起きたのです。

その被害者が勇気を出して顔と名前を出し会見したのです。

詳しく掘り出してみましょう。

[ad#co-1]

山口敬之という人物

ダウンロード

【氏名】山口敬之
【読み方】やまぐちのりゆき
【生年月日】1966年5月4日
【年齢】51歳
【学歴】慶應義塾大学経済学部
【職業】政治部記者 元カメラマン
【経歴】1990年、TBS に入社

ロンドン支局勤務、国内各部署勤務を経て、2013年から ワシントン支局長 に。

帰国後2016年にTBSを退社。

現在はアメリカ系シンクタンク研究員を務めながら、フリージャーナリストとし
て活動中の凄腕記者。

安倍総理に最も食い込む男と言われており、ワイドショーやニュース番組に度々
登場しています。

さて、そんな著名人の山口敬之氏がやってしまったのが、同じくフリーでジャー
ナリストをしている詩織さん(28)に性的に乱暴したというのだ!

詩織さん山口敬之氏に準強姦被害にあったと告発

images

山口敬之氏と詩織さんが出会ったのは、詩織さんが海外の大学でジャーナリズム
を勉強している時で、知人と通じて山口敬之と知り合った詩織さんは、就職の相
談をするような間柄になったというのです!

その就職の相談をした所、ご飯に誘われ2件目に行った時には詩織さんの記憶がな
くなり気づいた時には、全裸の詩織さんの上に山口敬之氏が跨っていたというの
です。

詳細は控えますが、避妊具も付けていなかったとの事。

男の私でもこんな事をする人間は許せません。

意思とは無関係に、そして意思に反して性行為を行われていたということですから
強姦以外の何者でもありません!

[ad#co-1]

山口敬之氏なんと不起訴に!

被害を警察に訴えた詩織さんだが、警察は当初、「この先この業界で働けなくなる」
などと言って、被害届を出すことを考え直すよう繰り返し説得してきたといいます。

しかしその後、ホテルの防犯カメラに山口氏が詩織さんを抱えて引きずる模様が収
められていたこともあり、本格的に事件として捜査が始まる。

DNA鑑定なども一致し、証拠も揃った所で逮捕状が発布されました。

そして、アメリカから成田空港に帰国する山口氏を準強姦罪容疑で逮捕するため、
空港で待ち構えていたのですが不可解にも山口氏は逮捕を免れたのです。

それはなぜか…?

警察のトップの方からストップがかかった。

というのです。

なんだそれは!?

1人の女性が強姦されてるのに、勇気を振り絞っ顔まで出してるのに、総理にべっ
たりの繋がってるジャーナリストだから逮捕しないだと!?

なめてるのか!と、心が怒りで沸騰してきました!

そして、結局山口敬之氏は不起訴になりました。

もちろん、詩織さんは納得いきませんよね!私もいきません!

詩織さんはこう語っています。

『私の知りえない何か上のパワーがあったと思っています』

『やはり、捜査にあたるべき警察が「不起訴できないので示談をしたほうがい
い」と話をもちかけて、彼らの紹介する弁護士の先生に連れて行かれたという
のは、何かしらの意図があったのではと思います』

私も同意見です!山口氏と詩織さんとのやりとりのメールまで公表されているのに
、国は守るべき人を間違えている。この先本当に怖い世の中になってしまいそうで
すね。

詩織さんが美人すぎると2ちゃんねるで話題に!

images (2)

見て頂くとわかるように、

透き通る様な目!!

すっと伸びる鼻!!

ぷるんとした唇!!

どれを取ってもパーフェクトなパーツの持ち主の詩織さん。

男ならデートを出来ただけでも有頂天になりそうな女性ですよね。

そして、この抜群のプロポーション。

ファッションモデル顔負けです。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

今回の問題をまとめると

1.山口敬之氏が詩織さんを強姦

2.詩織さん警察などの反対を押し切り訴える

3.逮捕状が出て、逮捕に乗り切る

4.逮捕直前で逮捕取りやめになる

5.その理由が警察上層部の意向により逮捕取りやめ

6.そして詩織さん美人

この様な感じですかね。

この事件をハニートラップとか、詩織さんが嘘をついているという人もいますが、
ハニートラップを仕掛けても詩織さんに何の得もありませんしわざわざ顔を出す
必要もありません。

顔出すことによってストーカー被害の二次災害になってしまう恐れもあります。

そんな詩織さんの勇気を私は信じています。

今後このような事件がないように願いたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク