田中聖 タトゥーが好きなあまり真珠タトゥーも!?局部画像も流出?

大野とか手越は逮捕しないんだな…。

先日、元KAT-TUNメンバーの田中聖さんが大麻所持で逮捕されましたね。

逮捕報道を見たときは、ついに捕まったか!?って感じでしたよー。

こう思ったのはきっと僕だけじゃないはずwww

そんな田中聖さんですが、グループ脱退後から最近までの風貌からもわかるように
無類のタトゥー好きだったようです。

もう少ししたら全身タトゥー人間になるのではないと思うぐらい、いたるところに
タトゥーがありますよね。

あげくの果てには真珠タトゥーも入れているのだとか…。

今回は田中聖さんのタトゥー事情について調べてみました。

[ad#co-1]

元ジャニーズ 田中聖とは?

yjimage (51)

本名 : 田中 聖
生年月日 : 1985年11月5日生まれ
出身地 : 千葉県柏市

1998年にジャニーズ事務所に入所し、2006年にKAT-TUNメンバーのひとりとし
て華々しくメジャーデビューしました。

メジャーデビュー当時のKAT-TUN人気がすごかったですよね。

いきなり新星ジャニーズグループが出てきた!と思ったら、瞬く間にファンの心を
鷲掴み!

メジャーデビュー前にメンバーの亀梨和也さんや赤西仁さんが超人気ドラマに出演
していたというのも、人気の要因でもあると思いますが…。

そんなKAT-TUNの中で、唯一髪の毛が短いという印象だったのが、田中聖さんです!

(完全に筆者のイメージですが(笑))

ジャニーズはとにかく長髪のイメージだったのですが、数少ない短髪ジャニーズとし
て印象的でした。

当時大人気のバラエティー番組「はねるのとびら」でも、コントの中の替え歌でKAT-
TUNが使われていることもありました。

「兵隊さ~ん♪みたいだね~♪」すごく懐かしいです(笑)

タトゥーや経営などの様々な契約違反

そんな大人気だった田中聖さんですが、グループデビューから7年後の2013年9月に「
様々な契約違反を犯したため」として、グループを脱退、ジャニーズ事務所をさりまし
た。

様々な契約違反と言っても

・タトゥーをシールではなく実際に彫っていた可能性

・会員制バー「CROSS ROAD」を経営していた

・個人でライブを開催

・偽名でDJをする

・女性関係

在籍中にはタトゥーを彫っているイメージはなったくなかったのですが、当時か
らタトゥーの噂はあったんですね。

髪の毛すら染めたことがない僕からしたら、タトゥーを身体に彫っちゃう人の気
がしれません。

[ad#co-1]

身体中にいろんなタトゥー

脱退後は当時から経営していた「CROSS ROAD」を経営したり、メディアに出演
、最近では「INKT」というバンドを組んで活動していたようです。

大きな後ろ盾であったジャニーズ事務所からいなくなった今でも、メディアなどで
出演しているところを見ると、田中聖さんにとってはジャニーズ事務所はほんとの
居所ではなかったのかなと感じます。

そんな自由になった才能ある田中聖さん、活動の幅が広がると一緒にタトゥーも増
えていっています。

最近の写真を見ると、もう腕から胸まで大きなタトゥーがいっぱい!!

うわああぁぁ、痛い!痛すぎるよ!!

見てるこっちが痛くなってきちゃいます。

彫る否定はしないけど、タトゥー嫌いな僕からするとタトゥーのなにがいいのかま
ったく理解できないですね。

局部には真珠も!?画像も!!

yjimage (52)

タトゥーが彫ってある中でも一番衝撃的だったのが、男性機には真珠のタトゥーが
あるということです。

ええぇぇなにそれぇぇ!?痛いし超ドン引きなんだけど…。

と言っても真珠タトゥー?なにそれ?って方がほとんどですよね。

僕もそんな感じです。

調べてみると、「局部にシリコンなどを埋め込むこと」だそうです。

もう痛々しすぎて想像もしたくないです…。

しかもこの真珠タトゥー、写真をとってはいろんな女性に送りつけていたという
噂も。送りつける意味がわからないし、女性側も困るだけのような…。

タトゥーのことについて調べるまえは、「やんちゃだけど行動力がある人」って
イメージでしたが、がらりと変わりましたね。

まさか局部にまでタトゥーを入れていたとは…。

才能がある人だと思っていただけに、ショックが大きいです。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

ここ数年でわかったのは怪しい噂のある奴は実際やってるって事。
あと芋づるはないって事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク