前川喜平事務次官 加計学園問題リーク失敗!?官邸に報復され逮捕www

ノーパンしゃぶしゃぶ ノーパンしゃぶしゃぶw

前川喜平という人物を皆様ご存知でしょうか?

役人による天下りあっせん問題の責任をとる形で、文科省の役職を辞任された元
事務次官の「前川喜平」氏ですが、
8000万円もの退職金が出ることが以前話題
になりました!!

8000万円なんて聞いた事ありませんよ私はwww

そんな前川喜平氏ですが、またも問題を起こしてしまいました!!

やってしまう人はやってしまうんですね。

今回何をやらかしたかと申しますと…

[ad#co-1]

前川喜平出会いバーに出入りする

前川喜平氏がなんと出会いバーに在職中に頻繁に出入りしていたというのだ!

出会いバーとは売春や援助交際の交渉の場になっている!

しかも場所は日本一の歓楽街、東京都新宿区歌舞伎町!

こうゆうお店は普通の風俗店とは違い、男性客が数千円の料金を払って入店。

気に入った女性がいれば、店員を通じて声をかけ、同席するというシステムだ。

女性らは、「割り切り」と言って、売春や援助交際を男性客に持ちかけることが
多く、報酬が折り合えば店を出て、ホテルやレンタルルームにかなりの割合で向
かう事になる。

店は直接、こうした交渉には関与しないとされている。

なんとも、法の網の目をくぐってるようなシステムだが、前川喜平氏も交渉の末、
店外に出たらしいのです!?

いや〜、青少年の健全育成も担当する教育行政のトップとして不適切な行動ですねw

私個人的には、男はスケベな生き物ですからそのような行動もありだとは思うので
すが、行くなら国を担う人にはなってはいけないと思います!!

ただ、前川氏以外にもたくさんの政治家がこのようなことをしているんじゃないか
と個人的には思うのですが正直なところやるならもっとうまくやれと言ってあげた
いですね。

こんなことを国民にバレたら自分の首を絞めることになるのは子供でもわかります。

yjimage (38)

前川喜平のプロフィール
名前:前川喜平
生年月日:1955年1月13日
年齢:62歳
出身校:東京大学
予想年収:2000〜3000万

ただ、なぜこの事が世に出回ってしまったのか?

疑問ですよね…??

それにはこんな訳がありました!

前川喜平氏が今話題の加計学園の文書をリーク

yjimage (39)

前川氏が天下り問題で責任を取り辞任したのは知ってのとおりですが…。

今年になって、なぜ唐突に文科省官僚の大学への天下り問題に火がついて大騒ぎ
になったのか。

なぜ、昔から行われていたであろう天下りが問題になったのか!?

それは安倍総理一派による強引な文科省官僚支配のためだったのではないかと疑
われます。

そして、今回加計学園問題で「総理の意向」や「官邸の最高レベル」といった事
が書かれている機密事項の文書の流失を『捏造文書』と言い切っていた安倍総理
一派ですが、どんどん新しい証拠が出てくるので、本物と認めざるをえなくなっ
たのです!

そこで、今度は『文書の出所は天下り問題で“依願退職”した元文科省事務次官の
前川喜平氏だ』と言いふらし始めたんです。

つまり、天下り問題でクビを切られた前川氏が政権への“恨み”を晴らすためにば
らまいたシロモノだ、と主張しているんです…。

まぁ、私もそうではないかと思います。

この文書が作成された昨年9月~10月は事務次官という文科省において官僚トッ
プの座に就いていた人物は前川喜平氏なのですから。

確かに、当たり前の事とはいえ今まで黙っていてくれたのに急に問題にされたら
前川喜平氏からしたらたまったものじゃありませんよね。

しかも辞任までさせられている次第です。

お金のなる木がなくなったのですからそれを復讐したくもなると思います。

そんなこんなで今度は安倍総理一派が前川氏へ復讐の為今回の出会いバー問題を
世間にバラしたのではないかと考えられます!

加計学園問題で安倍総理の信用は一気にガタ落ちになったのですから。

総理の辞任も秒読みな気がしてきます。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

これを書いていて思ったことが子供の喧嘩みたいですね。

やられたからやり返し、さらにやられたからやり返す。

国のトップ同士がやることではないと一般市民の私は感じました。

人は悪いことはできないのです。悪いことをしてもすぐ見つかってしまいます。

こういったやりとりを繰り返す事は自分の首をただただしめているのと一緒です。

政治家の世界は真っ暗な世界だと世間では思われているのがこういった問題を起こ
すと余計それが信憑性を増してきます。

国の代表たちとしてもっと誠実に国のことを考えていただきたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク