阿川佐和子の結婚相手の元大学教授がステキ!!名前はSさん文春で報告!!

S氏の奥さんと阿川はまだ友人なのか?

テレビ番組「サワコの朝」や著書「聞く力」で有名な才女、阿川佐和子さんが5
月9日にご結婚されたと報道されましたね。

阿川さんとってもお若いし、お綺麗ですが、なんと年齢が63才。

「お見合い30回以上」を公言し、独身のイメージが強い阿川佐和子さんなので、
とってもビックリしました。

阿川佐和子さんの週刊文春へのFAXの中にはこのように綴られていました。

高齢者の結婚を、わざわざマスコミに伝えるような事柄とも思えませんが、普
段、角界の著名な方々にインタビューをする立場上、自分の事は聞かないでと
拒否するわけにはいくまいと覚悟を決め、報告しました。

とありましたが、週間文春では「阿川佐和子のこの人に会いたい」という対談連
載をしているし、テレビでは「サワコの朝」でゲストから話を聞いているしで、
ご本人もマスコミを通して報告しないといけないと感じたのでしょうね。

さすが、阿川佐和子さんですよね。

[ad#co-1]

お相手はどんな方?お名前は?

yjimage (23)

高齢者とご本人も言っていましたが、お相手は6才年上の元大学教授だそうです。

バツイチの定年退職した教育関係のお仕事をしている方なんですって。
噂では元大学教授の曽根泰教さんではと囁かれています。

元大学教授の曽根さんですが、経歴がすごいんです。

慶應義塾大学法学部教授、同大総合政策学部教授を経て、同大学大学院政策・メ
ディア研究科教授。

他にも世界各国の大学客員研究員や客員教授であり、「エネルギー・環境の選択
肢に関する討論型世論調査」実行委員会委員長
公益財団法人日本国際フォーラム
政策委員などなど、なんだかとっても偉い方のようです。

そりゃ、定年退職した後も、色々とお忙しそうですよね。

阿川佐和子さんの略奪婚??

yjimage (24)

元大学教授である曽根泰教さんですが、家族もあったそうですが、「だんだんと
生活のリズムがあわなくなってきた」という理由で離婚されたそうです。

阿川佐和子さんと曽根泰教さんとの出会いは30年前。

「阿川佐和子さんが略奪し、曽根泰教さんが離婚したのでは?」

と憶測が飛んでいるようですが、なんと阿川佐和子さんの友人の旦那さんが今回
の結婚相手の曽根泰教さんなんです。

離婚後、阿川佐和子さんと曽根泰教さんは同棲を開始して、そしてこの度入籍し
て正式に結婚され夫婦となったそうです。

略奪婚ではないようですよ。

[ad#co-1]

阿川佐和子さん、結婚式や披露宴は?

阿川佐和子さんが週刊文春に送ったFAXによると、お相手の家族と、阿川さんの
家族で食事会をしたそうです。

それ以外の結婚式や結婚披露宴はいっさい予定していないそうなんです。

阿川さんは初婚。

いくつになってもウエディングドレスや白無垢は着てみてもいいと思うのですが。

阿川さんも是非着てみてほしいです。

そして、初婚である阿川さんが始めて体験する「苗字がかわる」という事にとま
どっているようですね。

パスポート、免許証、銀行口座、実印、保険証。他にも色々なものの名義を書き
換えなければいけないのです。

手続きだけで何ヶ月もかかってしまうかもしれませんね。

私も経験者ですが、本当に面倒くさいです。

ありとあらゆるものを変更しなければならないので、書類、また書類といった感
じで色々と記入しなければいけなくて本当に面倒くさいです。変わらない相手が
うらやましくなるくらい。

阿川さんは63歳まで「阿川」という姓だったわけだし、社会的な地位も高いから
、私など比べ物にならないくらい、手続きに追われるんでしょうね。本当にご苦
労様です。

結婚に踏み切った理由?結婚後にしたいこと

阿川さんがは、「健康に気遣いながら、足腰が丈夫なうちにゴルフを沢山したい」
と書いていました。

いいですよね。

共通の趣味があって、それを結婚後に楽しめるって、とっても素敵だと思います。

そして、「美味しいものを「おいしいね」って言い合って、くだらないことを笑
いあって、ときどき言い争いつつ、穏やかな老後を過ごしたい」って書いていま
した。

なんて素敵なんでしょう。これぞ老後の素敵な夫婦の形ですよね。

長~く連れ添っていると、言葉を交わすこともままならなくなり、笑いあうことは
おろか、喧嘩すらしなくなってしまうものですよね。

でも、結婚して、お互いが尊重しあって一緒に人生を楽しんでいけたら、それはと
ってもいい形なんだと思います。

多分、介護や病気などがあっても乗り越えていくためにも結婚したんだろうと想像
します。
阿川さんは結婚して、とっても幸せでしょうね。

世の中、孤独に最後を迎える人が沢山いるようですが、年を重ねても、人を好きに
なったり、尊敬したり、一緒にいたいと思える相手ができたら結婚をして添い遂げ
ていく事も、もっとあっても良いのではと感じました。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

ゲス不倫やないか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク