阿川佐和子 熟年結婚相手の大学教授には妻が?ゲス不貞略奪婚疑惑の真相は!?

略奪てのが印象悪いけど 仕方がないわな。

阿川佐和子さんは、作家の阿川弘之さんを父親に持つタレントでエッセイストと
しても活躍されています。

これまでは意外と硬いイメージで捉えられていた阿川佐和子さんでしたが、199
8年には『ビートたけしのTVタックル』で進行役に就任し、絶妙なタイミングで
トークを仕切るのが人気になり、バラエティタレントとしても明るいイメージで
活躍されています。

かつてはお見合い歴30回を公言するなど結婚出来ない女の代名詞にされていた阿
川佐和子さんですが…。

この度、以前からパートナーとして噂になっていた69歳の元大学教授と5月9日に
結婚したと所属事務所を通じて発表されたそうです。

お相手については、「バツイチです。もはや定年退職した隠居の年齢ではあります
が、幸いにして、まだ細々と教育関係の仕事を続けております」とジョークを交え
て紹介されたそうです。

結婚相手は一般男性S氏と姓名はイニシャルで隠されていますが、慶応義塾大学の
元大学教授であることがわかっているようです。

結婚相手とされる元大学教授の出会いや馴れ初めなど調べてみたいと思います。

[ad#co-1]

阿川佐和子さんの結婚相手とは

yjimage (25)

結婚相手は報道では一般男性S氏となっていますが、噂では慶応義塾大学の元教
授で曽根奏教さんではないかと囁かれているようです。

その曽根奏教さんは職歴も凄いそうで慶応義塾大学法学部教授、同大総合政策学
部教授を経て、同大学大学院政策・メディア研究科教授。

この間、イェール大学政治学部客員研究員、オーストラリア国立大学客員研究員
、エセックス大学政治学部客員教授、ハーバード大学国際問題研究所客員研究員
を歴任。

新しい日本をつくる国民会議主査、慶応義塾大学DP研究センター長。

「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」実行委員会委員長。

公益財団法人日本国際フォーラム政策委員。

最近ではジェイムズ・フィシュキンさんらとともに討論型世論調査を提唱されたそ
うです。

阿川佐和子さんの手記では、元々は大学の先生で、教授にも定年があり、定年退職
後も教育関連の仕事を週に何日かしていて、趣味はゴルフと数独。

自宅兼事務所でパソコンに向かって原稿をかいていると、S氏はだいたい数独をし
ているか、パター練習をしているか、はたまた洗濯物を畳んでいるかというどこに
でもある日常であることを隠すことなく話しているそうです。

今後については、

互いの健康に気遣いつつ、足腰が丈夫なうちにできるだけたくさん好きなゴ
ルフをし、おいしいものを「おいしい」と言い合い、くだらないことに笑い
合って、ときどき言い争いつつ、穏やかに老後を過ごしていければ幸いかと
存じます。

とコメントされてます。

仲がむつまじい様子で素敵だと思います。

一般人であるために、名前や画像は公表されていませんが、曽根奏教さんという噂
の他に、結婚相手の画像が亡くなった阿川佐知子さんの父親に似ているとも言われ
ているようです。

二人の馴れ初めは?

阿川佐知子さんが63歳で、お相手の年齢は69歳ということでまさに高齢結婚です
が、気になるお二人の馴れ初めですが、30年前に出会っていたそうです。

出会った当初は、S氏は阿川佐知子さんの友人と結婚されていて、友人を介して知
り合ったそうです。

馴れ初めが馴れ初めなだけに、略奪愛なのでは…と、思う人も多いのかもしれませ
ん。

ただ、一部噂では、阿川佐知子さん自身が慶応義塾大学出身ということもあり、大
学繋がりで出会っているのではないか?とも言われているようです。

[ad#co-1]

略奪愛からの結婚!?

yjimage (24)

元大学教授であるS氏ですが、元々は家族があり「だんだんと生活のリズムが合わ
なくなってきた」という理由で離婚されたそうです。

阿川佐和子さんと30年前に出会っていて友人の旦那さんだったこともあり、阿川
佐和子さんが略奪し、S氏が離婚したのでは?

と憶測が飛んでいるようですが、決して、阿川佐和子さんが略奪婚までするよう
な年齢ではなく、離婚後に阿川佐和子と同棲を開始して、この度入籍をして正式
に結婚され夫婦となられたようです。

阿川佐和子さんの友人であるS氏の元妻は

本当にお幸せでいいと思います。

私にとってはもう終わっている話ですから。

それで今の私があるんですよ。

と、2人の同棲について余裕のコメントをされたそうです。

お互い結構な年齢ですので幸せになって頂きたいと思います。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

阿川佐和子もゲス不倫なのに、文春ってクズだなあ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク