北朝鮮 再びミサイル発射に込められた思惑とは!?いつまで続くこの緊張感…

何故カリアゲにするんだろ?

5月14日、北朝鮮が日本海に向けて、弾道ミサイルを発射しましたね。

テレビを見ていて、ニュース速報が入ったので「またか!!」と思ってしまいま
した。
北朝鮮が発射したミサイルは約800km飛行したそうなんです…。

これが、新型の中距離弾道ミサイル「火星12型」という名前で、北朝鮮曰く、発
射実験に成功したそうです。
高さも2000km以上まで飛んだそうです。

なんと、大型核弾頭が搭載できるって言っているみたい。北朝鮮はこれまでに5回
核実験をしているみたいだけど、ミサイルに搭載できるまで小型化できたかは、
不明なんだって。

それと、アメリカまで届くミサイルの開発はまだできていないって噂です。

そして、中国にとってもショックな状況なんですよね。

世界中では一気に緊張感が増したみたいですよ。

もう、本当にいい加減にしてほしいです…。

[ad#co-1]

中国のメンツ丸つぶれ、習近平は同動く?

yjimage (7)

実は5月14日から北京で「一帯一路」(陸と海の新シルクロード)という国際サ
ミットが開催されているんですよね。

なんと、その初日に北朝鮮はミサイルを打ったんです。北朝鮮の代表も参加して
いるのに。

中国としては北朝鮮に「対話の道を選ばせることに成功した」ということを、世
界に見せたかったはずなのに、これじゃ、メンツ丸つぶれですよね。

残念ながら、金正恩という人は、習近平の期待に応えるような人ではなかったみ
たいです。

習近平の「晴れの舞台」のに合わせて、ミサイルを発射して、最高レベルの恥を
金正恩はかかせたんです。これはもう、中国に完全に見放されますよね。

北朝鮮にとっては「最後のチャンス」だったでしょうにね。

この国際サミットには29カ国の首脳や130カ国の国の代表を集めている世界にと
って、とっても重要なサミットなんです。

サミットが終わった後で、中国としては北朝鮮に対して「落とし前」をつけさせ
るでしょうね。でないと世界に対して面目が立たない。

手段として噂されているのが「国境封鎖、断油、そして中朝軍事同盟の破棄」。

さあ、いったい中国はどんな制裁をくわえるのでしょう。

それに対して、北朝鮮はどんな反応をするのでしょう。

核戦争や世界大戦のような戦争には絶対にしないでほしい、北朝鮮はいったいな
んなんでしょうね。

アメリカはどう動く?そのときロシアはどうする?

今回のミサイルは、高く発射したので、約800kmという距離を飛んだが、最も距
離が出る角度で発射したときは、北朝鮮から3400kmのグアムに到達するのでは
と言われている。

グアムが射程圏内に入ったとするとアメリカは黙ってはいないですよね。

もし、ここで北朝鮮が核実験をおこなったりしたら、アメリカは先制攻撃をする
のではと言われています。

もう、そうなったら核戦争になってもおかしくないですよね。

アメリカが今の段階で、特に動きを見せていないのも、なんだか不穏な感じです
よね。

そんな中、ロシアのプーチン大統領は、北京で記者会見をして、北朝鮮の核ミサ
イル開発を認めない立場示しつつも、北朝鮮に圧力をかけることは軍拡競争につ
ながり「北朝鮮を脅すことをやめ、平和的解決を探らなければならない」と言っ
て、圧力を強める米国などをけん制したそうです。

プーチンさん、色々な国の状況を見て、的確な発言をしていると感じます。

これで、ロシアまで、北朝鮮に攻撃的な態度をとったら、北朝鮮は世界に対して
さらに牙をむくでしょうから、どこかが緩めてあげないといけないんでしょうね。

さすが、プーチンさんだと思いました。

[ad#co-1]

北朝鮮はこれからどうなる?石油がなくなるかも。

国連安全保障理事会は16日午後(日本時間17日午前)に米ニューヨークの国
連本部で緊急会合が開かれるとの事です。

アメリカは北朝鮮の「生命線」とされる石油の取引の制限をちらつかせるみたい
ですよ。
でも、ロシアが反対すると、石油を止めることはできないかもしれませ
んね。

石油が止まったら、流石に生活が難しくなるんじゃないでしょうか。

今でも電気が使えない時間が多いらしいし、裕福な人達が生活できなくなるんじ
ゃないかなあ。
とにかく、北朝鮮はこれ以上動かないでほしいです。

中国が本気で怒って、アメリカもそれに追随したら、もう手がつけられなくなり
ますよね。

世界が戦争にならないためにも、静かにしていてほしいものです。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

昨日の国連違反ミサイルでトマホーク撃ち込まんのか?

カリアゲにしてやられるトランプ君…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク