マクロン フランス新大統領夫人は25歳年上の略奪婚!?子供は高校時代の同級生ってマジ?

変わり者の性癖であることは間違い無いwww

フランス大統領選で当選したエマニュエル・マクロン氏(39)若くてイケメンで
すよね。

この人が大統領って、フランスにどんな革新的なことが起きるか楽しみ~!!
と思って色々な写真を見ていると…。

いつもかたわらに少し年齢が上の女性が居るんです。
秘書みたいな人かなあと思っていたら、なんと、奥様!!

だいぶ年齢差がありそうとだと思っていたら、なんと、25歳差なんですって。

それって、もはやお母さんと言ってもいい年の差ですよね。

でも、マクロン氏が大統領になれた影には絶対に夫人の存在が大きいはずと思い、
色々と調べてみました。

[ad#co-1]

マクロン氏ってどんな人?早熟だったの?

yjimage (7)

マクロン氏はフランス北部アミアン出身。

学生時代は成績トップ、作家を目指す文学少年だったそうです。

また、ピアノの腕も凄くて、賞を取るほどでした。

大学では哲学を学び、その後に「国立行政学院」というエリート校へとエリート
街道まっしぐらの青年でした。

そして、フランス財務省で勤務、投資銀行のロスチャイルドに転進と、これまた
超エリートだったんですね。

賢くてハンサムで、きっとモテたでしょうにね。

そして、世界的に有名な経済学者を通じて政治の世界にも人脈を広げ、36歳で経
済大臣に抜擢され、とっても重要なポストについてんだそうです。

すごい出世街道。賢くて、才能に溢れた凄い人なんですね。

じゃあ、そんなマクロン氏が夫人と出会って結婚をしたのはいつなんでしょう。

凄く気になりますよね。

出会い、そしてプロポーズ!!

yjimage (8)

そんなマクロン氏と、夫人ブリジットさんのなれそめについてですが、クロン氏
もカトリック系の私立高校に入学して、フランス語の教師をしていたブリジット
さんと出会いました。

演劇のクラブ活動の顧問で、入部したマクロン氏は自分が出演する劇の台本を書
いてほしいと頼み込み、急速に仲を深めたそうです。

演劇の台本を高校の講師が書くって普通のことなんでしょうか。結構難しそうだ
けどね。

そして16歳で告白したそうです。

ブリジットさんは当時40歳。夫と3人の子供がいました。

フランスって恋愛について凄く自由な国なんですよね。

結婚せずに、パートナーとして一緒に暮らす人達が沢山いるんですよね。

そんな中、ブリジットさんはちゃんとご結婚していて、お子さんもいた。

カトリック系の学校って規律が厳しくて、不倫なんかにもとっても厳しかったみ
たいです。

マクロン氏の親御さんにも猛反対されて、なんと、パリに転校させてしまったそ
うなんです。

それでもマクロン氏はあきらめなかったんですね。毎日パリから電話をしたんで
すって。

本当に大好きで、運命の人だって思ったんでしょうね。

それを受けで、段々と気持ちが変化したブリジットさん。とうとう離婚したんで
す。

2007年に二人は結婚しました。プロポーズから10年以上経っていたそうです。

今から10年前だから、マクロン氏が29歳、ブリジットさんは54歳かなあ。

マクロン氏の愛の深さを感じまね。

[ad#co-1]

子供は同級生?孫がいる?

ブリジットさんには三人のお子さんがいるんです。息子さんが一人と娘さんが二
人。
この娘さんがまたお美しい事が話題ですよね。娘さんのローレンスさん。

なんと40歳…。

マクロン氏と同級生ですよね。さらに長男は42歳ですって。

実はローレンスさんは弁護士で、今回の大統領選でも手を貸して、当選に一躍か
ったらしいですよ。

それにしても、ローレンスさんは自分の子供より年下の人と結婚をするって、本
当に思い切った行動ですよね。お子さんたちからの反対もあったでしょうに。

なんと、それぞれのお子さんは結婚をしていて、お子さんがいるんです。つまり
はお二人にとっては、お孫さんということですよね。

なんと、7人いるんですって。マクロン氏は39歳にして孫が7人って…。

実のお子さんがいないのが本当に残念ですね。

エマニュエル・マクロン氏には、深い愛で結ばれた素晴らしい夫人と子供たちが
いるんです。これからどんな活躍をするか、期待しちゃいます。

お二人のお話は映画みたいで本当に素敵ですね。

もしかしたら、本当に映画になるかもしれませんね。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

若い頃のマクロン結構イケメンなのになんでオバサンが良かったんやろうな?
マザコンなんかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク