北朝鮮戦争は秒読み2017年中には開戦か!?各国の動向と最新シミュレーション

やはりカリアゲはア○でした…。

2017年に開戦する予言されている『北朝鮮戦争』。

北朝鮮はミサイル攻撃の準備、アメリカは原子力空母の領海内到着や金正日斬首
計画などまさにいつ始まってもおくなくない秒読みの状態です。

北朝鮮が攻撃を始めたら、ミサイルを日本に打つ可能性が高いとの考察も飛び交
っています。

北朝鮮戦争は2017年にほんとに開戦するのか?

北朝鮮は日本に向けて本当にミサイルを打つのか?

北朝鮮とアメリカ、それに関わる国々の素人ながらに、これからの動きをシミュ
レーションしてみました。

[ad#co-1]

2017年には開戦か!?開戦秒読みの各国緊張状態

images

北朝鮮側はミサイル攻撃準備完了通知のほかに、未確認情報ではありますが4月
20日に中国に対して「核実験の実施を通知した」との情報も流れています。

それに現地の周辺住民を避難させたとも言われています。

これが本当だとしたら、北朝鮮の本気度が伺えますね。

それに対して、アメリカ側も空母「カール・ウィンソン」の領域内到着し、4月2
3日には海上自衛隊と共に演習を開始しています。

それに加えて、裏では「金正日斬首計画」も企てられており、すでに特殊部隊の
準備もできており、いつでも計画実行可能な状態です。

『斬首計画』を簡単に説明しておくと、”金正日の首を実際に取る”という野蛮な
意味ではなく、”独裁国家の指導者を国家から切り離す”という意味になります。

イラク戦争やリビア紛争などでもこの『斬首作戦』が実施されていました。

確かにイラク戦争やリビア紛争って物理的に終わったというイメージではなく、
いつの間にか自然となくなったイメージがあるのですが、これの影響だったんで
すかね?

まぁ僕がまだ小さくてあまりニュースとか見てなかったから知らないだけかもし
れませんがwww

北朝鮮はほんとに日本を狙うのか?

yjimage (56)

もし本当に戦争が始まったら、北朝鮮は日本にも攻撃を仕掛ける可能性が高いと
言われています。

日本には米軍基地やアメリカが保持している空母「ロナルド・レーガン」があり
ますからね。

攻撃される可能性は高いと言えますし、北朝鮮が先制攻撃を仕掛けるとしたら横
須賀米軍基地が高確率で狙われるでしょう。

もしアメリカ側が先制攻撃を仕掛けて、北朝鮮側の体制が崩れたとしても反撃で
近くの日本を攻撃してくる可能性もあります。

どちらにしても開戦したら、日本もノーダメージとはいかず、なんらかのダメー
ジは食らうと思われます。

攻撃されるのは嫌ですが、日本も国民総出で戦うことになり、臨時で徴兵制度な
るものが作られてしまったら嫌ですね。平和ボケが世界で一番酷いと言われてい
る日本人ですから、徴兵されたところで無駄死にするだけですからね…。

まぁこれは可能性うんぬんではなく、僕の妄想の話なので気にしないでください
www

[ad#co-1]

北朝鮮と中国の関係は?

yjimage (59)

北朝鮮と中国は『血の同盟』と呼ばれるほど強力な関係で、中国は北朝鮮に対し
て石油を輸出しているのですが、ここ数日北朝鮮では石油の料金が上がっている
と言われています。

先日行われた米中会談の際に、中国がアメリカから強い圧力がかけられたことに
よって、石油パイプラインを止められたのではないかという考察がたっています。

ほんとに止められているとしたら、北朝鮮にとっては大打撃ですね。

ミサイルなどの大型兵器を動かすには、石油が大量に必要ですからね。

もしかしたら激怒した北朝鮮がまず中国に攻撃を始めて、その2国間で開戦するか
もしれません。

北朝鮮は、何をしでかすかわからない危なっかしさがありますから…。

2017年に開戦か?最新ベストシミュレーションは?

アメリカ、中国といつ開戦してもおかしくなく秒読みと言われている北朝鮮戦争。

しかし、『Xデー』と言われていた4月27日には特に大きな動きはなく、過ぎてし
まいましたね。
ほんとに2017年に開戦するんでしょうか?

ベストシミュレーションとしては『金正日斬首作戦』が実施されて、独裁指導者が
いなくなって戦争がなくなることが世界的に平和的で一番ベストだと思います。

こんなこと言ってるから日本人は平和ボケがひどいとか言われそうですが。

穏便に終わることを祈るばかりです…。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

自衛隊や米軍はミサイル発射を探知しても、軍事力を知らせないために発表しない。
お知らせするのは韓国軍のお仕事…。

カリアゲのファイナルカウントダウン。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク