【 森友学園問題 】籠池諄子副園長の経歴や学歴は?ひた隠しにする情けない過去とはいったい?

マジで?夫人の闇深すぎだろ。

大阪府の学校法人『森友学園』が国有地を格安の値段で取得していた問題。

連日『森友学園』の報道が過熱しており、理事長の籠池泰典氏や妻で副園長を務
める籠池諄子氏にも注目が集まっています。

最近では、理事長の籠池泰典氏がyoutubeに動画を投稿しマスコミに対して不快
感をあらわにすると共に報道姿勢を痛烈に批判。

さらには、3月9日の大阪府の現地調査においては籠池諄子氏は携帯のカメラで府
の職員を取り始めたことが原因で揉めたりもしています。

籠池泰典氏の思想もかなりヤバいですが、妻の籠池諄子氏の過去も相当ヤバいと
いった情報が入ってきています…。

籠池諄子氏とは一体どんな人物なのか?注目してみたいと思います。

[ad#co-1]

籠池諄子副園長の経歴や学歴は?

yjimage

大阪府の現地調査で職員に向けてガラケーでカメラ撮影するなどの妨害を行った
ことで、その強烈なキャラクターが話題になっている籠池諄子氏。

籠池諄子氏の本名は、「真美」と言われており森友学園の創立者森友寛氏の長女
として生まれています。

1954年に籠池泰典氏と結婚しており、それからは専業主婦として子育てに専念し
ていましたが、95年に創業者の父が亡くなってからは夫・籠池氏をサポートする
ように幼稚園の副園長をなり、経営にも関わるようになっていきます。

ネット上では、籠池諄子氏の学歴は情けないという噂も出ていますが大阪府の女子
短大を卒業しているといった情報も入っています。ただ、どこの学校であったかま
では今のところ特定されていません。

父親が、森友学園の創立者であるだけにかなり厳格な教育を受けていたことは想像
できます。ただ、過去の言動や行動を見る限りかなり偏った教育であったかもしれ
ませんね…。

それは、現在の森友学園を見てもわかるように右翼的な思想がかなり色濃く出てい
ます。それだけではなく、児童虐待とも受け取れるような厳しい体罰も行っていた
と噂されています。

そして、その体罰を行っていたのは籠池泰典氏ではなくて副理事長の籠池諄子氏の
方だと言われています。

籠池諄子がひた隠しにする情けない過去とはいったい?

森友学園における、右翼思想や体罰はこれまでにもたびたび話題になってきました。

・お漏らしをした児童をノーパンで帰宅させる。
・給食を食べるのが遅い園児に対し、椅子の上に給食を置き、正座して食べさせる。

といった体罰らしき事を主導したと言われており、また保護者に対して

・中国人と韓国人は嫌いです。日本精神を継承すべきです。
・パンツが生乾きで犬臭いです。
・子供にファンタやコーラを飲ませるのは韓国人。

っといった手紙を送りトラブルにもなっていました。

しかし、それだけではなく籠池諄子氏は小学生への暴力で逮捕歴があります。

それは今から7年前、森友学園が運営する幼稚園の前を通った小学3年生と「通せ
んぼした。しない。」を巡って揉めたあげくに叩いたというのです。

このことに激怒した小学生の父親が、警察に被害届を出したことで籠池諄子氏は
逮捕され警察署で2日間拘留、大阪地裁によって罰金刑30万円を受けています。

もちろん子供に対してきちんと教育していくという信念は大事ですが、やりすぎ
のような気がします。

まあ、森友学園の現状を見る限り本人は全く反省していないと思いますが…。

根本的に価値観の違う人には何を言っても無駄ですかね?

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

ニュースで喋ってるのチラ見したが終始ニコニコしててヤバそうなオーラは感じたわ。

【関連記事】

・【 森友学園問題】 籠池理事長とは一体どういう人物?YouTube反撃動画で不満発!?

・森友学園と橋下の関係に新事実が!?元後援会長一家と自民党大物政治家との関係性?

・タダで37億円!加計学園と安倍首相が癒着?”第二の森友学園”疑惑発覚か?

・安倍昭恵の”鈴蘭会”が森友学園に教科書を!?暴かれる”日本会議系”籠池泰典氏とのズブズブな関係

・安倍昭恵夫人が森友学園から報酬を受け取っていた!?理事長が安倍首相に反論!

・籠池康博(森友学園理事長)の学歴・経歴がかなりヤバい?行き過ぎた右翼思想の根源とは?

・森友学園と安倍昭恵の関係が危険すぎる!?右翼・宗教教育に涙する謎

・【国有地売却問題】森友学園と橋下徹との関係とは?元維新の上西小百合氏が密接な関係を暴露?

・森友学園・塚本幼稚園で虐待か?評判クチコミがトンデモない!オムツ禁止でうんち持ち帰り!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク