清水富美加 引退は所属事務所レプロの奴隷契約のせい?月給5万円と本間憲社長の闇

立て続けに同じ事務所の女優が引退騒動起こすってやっぱ事務所に問題があるん
やろな ・・・。

芸能事務所『レプロ』に所属する女優の清水富美加さんが出家を理由に芸能界引
退を発表し話題になっていますが、話が急展開を迎えていることで波紋を呼んで
います。

それは彼女が出家する『幸福の科学』の会見内容で発覚した、所属事務所『レプ
ロ』における給料問題です。

なんでも無休で働き一日三時間睡眠であったにも関わらず、月給5万円しかもら
えなかったとか・・・。

更には、性的対象にされるのが嫌で事前に拒否していた水着のDVDの仕事を無理
やり入れられるなどが続いたり、精神的にも追い詰められていたようです。

実は、『レプロ』といえば2015年に独立騒動で話題になった能年玲奈さんもであ
ったとのことです。

今回は、ブラック過ぎると話題になっている『レプロ』に注目してみたいと思い
ます。

[ad#co-1]

清水富美加 引退は所属事務所レプロの奴隷契約のせい?

yjimage (75)

清水富美加さんが信者として出家する『幸福の科学』の弁護士が所属事務所『レ
プロ』の給料がブラックではないか?と金額を暴露しました。

やはり、彼女の突然の『幸福の科学』への出家するという発表には所属事務所『
レプロ』との関係があるようです。

清水富美加さんを擁護している『幸福の科学』側の主張は、『レプロ』の勤務形
態が以下のものだったと主張しています。

  • 仮面ライダーフォーゼに出演当時、1日3時間睡眠で1っか月以上のハード
    スケジュールだった。
  • 当時の給料が5万円だった。
  • 水着などやりたくない仕事を強制させられた。

これだけ見るとかなりヤバいですね・・・。

一ヶ月休みなしで睡眠時間が3時間となるとロケ現場での拘束時間が15時間くら
いになっていたのではないかと考えられます。

仮に1日15時間拘束の30日勤務と考えると15時間×30日=450時間労働。

これだと完全に労働基準法に違反しており、『レプロ』は完全にブラック企業と
いうことになります。

しかし、『レプロ』はブラック企業とならないようにあるトリックを仕掛けてい
ます。

それは、清水富美加さんと『レプロ』における契約です。

どうやら、清水富美加さんは『レプロ』と”労働契約”ではなく”専属マネジメント
契約”を結んでいたということです。

<労働契約>

労働者が使用者に使用されて労働し、
使用者がこれに対して賃金を支払うことを内容とする
労働者と使用者の間の契約である(労働契約法6条)

<専属マネジメント契約>

芸能人が
芸能事務所に所属する際に締結する契約。

その芸能人がその芸能事務所のために専属的に
芸能活動を行うことを契約する一方、
その芸能事務所はその芸能人の芸能活動を
支援することを契約する。

“専属マネジメント契約”を結んでいたことで、清水富美加さんは所属事務所『レ
プロ』とは”使用者と従事者”という形ではなく、一対一の対等な関係ということ
になります。

なので、専属料月額5万円であっても法律的には全く問題はありません。

ただ、清水富美加さんはこの契約内容を理解した上で『リブロ』と契約をしてい
たのでしょうか?

もし仮に清水富美加さんがこの内容をしっかりと理解していたならばこのような
問題にはならないようにも思いますが・・・。

月給5万円と本間憲社長の闇

能年玲奈さんの独立騒動の際も『レプロ』がブラックであると話題になりました。
そして、今回の清水富美加さんとの騒動・・・。

こうも立て続けに問題が起きるとなると胡散臭さは否めないですね。

『レプロ』の社長とはいったいどんな方なのか調べてみました。

スクリーンショット-2017-02-12-23.50.28

本間憲(ホンマ ケン)

1980年 19歳の時に芸能プロダクションに運転手兼雑用として入社

1991年 芸能プロダクション会社『レヴィプロダクション』を設立

2006年 社名を変更し、現在の株式会社『株式会社レプロエンターテイメント』
代表取締役社長に就任

兄は元俳優の本間優二氏で、暴走族「ブラックエンペラー」に加入した経歴が
あり三代目名誉総長まで登りつめたとのことです。

『レプロ』の給料が5万円というのが本間憲氏の指示であったのかどうなのかは
わかりません。

しかし、能年玲奈さんに続き清水富美加さんまでもがこのような訴えを起こすと
なると『レプロ』の給料体制に疑いが持たれるのも仕方がありませんね。

そして、本来こういったデリケートな話題に対して芸能人自らは触れないのが一
般的であると思いますが、同じ『レプロ』に所属する菊地亜美さんは今回の騒動
に対してこのようなツイートをしています。

なんとも違和感を感じますね・・・。

事務所のイメージを保つために指示されているようにも思います。

まあどちらにせよ、能年玲奈さんに続いての清水富美加さんの引退騒動。

SNSが広まったことにより、これまで表に出ることがなかった芸能界の裏のドロ
ドロした部分が明るみに出てきているのでしょう。

未だに古い体質を引きずっている芸能界はこれを機に業界の健全化に努めて行っ
て欲しいものです。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

おそらく出家は『レプロ』を抜けるために考え付いた ウルトラCだろは?

信教の自由は憲法でも保証されているからな、相手が国家権力であろうが『レプ
ロ』みたいなヤクザだろうが 逆らえるものではない 。

上手いことを考えたもんだ 。能年もこの手を使えばよかったのに残念だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク