ピースサインは危険!写り込んだ「指紋画像」から個人情報流出!そのハッキングの手口とは?

これからの情報時代、マスクサングラスに手袋は必須か・・・。

「カメラに何げなくピースのサインをするだけで、指紋が出回ってしまう。」
という話が話題になっています。

セキュリティ対策において比較的安全だと言われている指紋認証ですが、ピー
スサインの写真や画像から指紋の形を抜き取られて悪用される恐れがあるよう
です。

まさかピースサインをした写真画像から指紋が流出するなんて考えもしていま
せんでしたが、実は数年前からこのようなハッキング方法が問題になっていた
ようです。

スマホのカメラ機能やデジカメの性能が上がる一方で、こういった問題が出て
くるのは悲しい話ですね。

今回は、指紋認証を悪用されないための防犯対策について注目してみたいと思
います。

[ad#co-1]

ピースサインは危険!「指紋画像」から個人情報流出!

恐ろしい時代になってきました・・・。

顔と手を一緒に撮影した写真をネットに掲示すると、個人と指紋を特定される恐
れがあるといったニュースが報じられました。

カメラに向けてピースサインしただけで、その指紋がネットで出回る可能性があ
るなんて・・・。それも、自分で投稿していなくても他人が撮影した写真に知ら
ないうちに写り込んだものでもリスクがあるようです。

しかし、そもそも指紋を盗まれることによってどんな不都合ががあるのか想像で
きるでしょうか?

スマホのロック解除、ATMの指紋照合、入退室のロック解除等々 あと、犯行現場
に他人の指紋残すといったような危険が想定できます。

スマートフォンの指紋や目の虹彩による生体認証は本人以外に解除できないとこ
ろからどことなく過信していた方も多いのではないでしょうか?

しかし、個人の生体情報を簡単に盗まれてしまう現代において改めて注意が必要
であることを痛感させられます。

特に、指紋などの生体情報は死ぬまで変えることができないため今後どのような
対策をとっていくのかが重要な課題になっています。

fingerprint-02

ピースサイン画像からのハッキングの手口とは?

国立情報学研究所の実験では3メートルの距離で撮影した画像でも指紋が読み取
れることが判明しており、「自撮り」のピース写真をネットに掲示すると簡単に
盗まれてしまうとのことです。

しかしながら、どのようにしてピースサインで撮った写真から指紋認証をハッキ
ングするのでしょうか?

気になったのでその方法を調べてみました。

特に多かったのは、指紋の型を取ってそこからボンドを流し込んで乾かしたもの
からスマートフォンなどの指紋認証解除できるといった方法です。

スマートフォンのロックさえ外せば、クレジット利用や様々なインターネットサー
ビスのアカウントまで、すぐに利用できるようにユーザー名やパスワード、クレジ
ット番号までワンタッチで行えるようにしている人も多いのではないでしょうか?

上記の動画のように、鮮明な指紋さえあればスマートフォンのロック程度なら簡
単に解除される危険性があります。

では一体どうやってこのような危険を排除することができるのか?

現状では、アップデートによるセキュリティ強化、もしくはダブルセキュリティ
で対応していくしかないでしょう。

やや手間はかかりますが、生体認証+パスワードなどのセキュリティ対策が現実
的な対応となるでしょう。

ミッションインポッシブルの世界が現実になりつつあるといったところでしょう
か・・・。

[ad#co-1]

Twitterでの反応

まとめ

一周回って暗証番号のほうが安全ってことか・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク