ASKA冤罪で釈放!やっぱりハメられた可能性も?警察の不起訴理由を簡単に説明

覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されていた歌手のASKA(本名・宮
崎重明)さんが、なんと容疑不十分で不起訴処分というニュースが飛び込んでき
ました。

逮捕された当初から冤罪の可能性が一部で囁かれていましたが、不起訴処分で釈
放となったからには警察の見込み逮捕による冤罪だったってことは間違いなさそ
うですね。

しかしながら、今回不起訴処分になった真相は一体なんだったのでしょうか?

任意の尿検査では陽性反応が出ていたのに「本人の尿と確認できなかった」って
・・・?

「捜査に問題があったのでは?」といった指摘が世間からだけではなく警察内部
からも出てきているようです。

今回はASKAさんの冤罪釈放の件について、わかりやすく解説していきたいと思
います。

[ad#co-1]

ASKA冤罪で釈放!やっぱりハメられた可能性も?

yjimage-13

ASKAさんが冤罪で釈放されたとのことで、まずは不起訴となった理由とどうい
う経緯で釈放に至ったかについて確認してみましょう。

東京地検は19日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA(
本名・宮崎重明)さん(58)について、嫌疑不十分で不起訴処分とした。
警視庁組織犯罪対策5課は、覚醒剤反応が出た尿について、「本人の尿と確
認でき
なかった」としている

同課によると、11月下旬、本人の同意を得て自宅トイレで尿の任意提出を
受けたが、ASKAさんは逮捕後、「あらかじめ用意しておいたお茶を尿の
代わ
りに採尿カップに入れた。覚醒剤は使っていない」との供述を始めたと
いう。

採取した尿は微量で全量、鑑定のために使用。

採尿カップは破棄したあとだった。

このため、覚醒剤の成分が検出された液体が尿かどうかの鑑定を実施できず、
成分確認ができなかった。逮捕から時間が経過しており、再度の採尿はしな
かったという。

採尿の際、同課員1人とASKAさんの妻がトイレのドアを開けて採取する
様子を背後から見ていたが、手元までは確認できていなかったという。

引用元:産経新聞

今回、尿検査でも「陽性」という結果が出ていたことで実刑確定か?といった声
も多く挙がっていましたが、なんと不起訴=無罪となりました!?

その理由としては「嫌疑不十分」とのことで、裁判の鉄則である「疑わしきは罰
せず」といった原則に沿ったものであります。

今回の逮捕劇は、ASKAさんが警察に自分で直接電話して「盗聴されている」と
いった被害を訴えたことから始まっていますが、不起訴となった現在ASKAさん
の主張はあながち「被害妄想ではない」可能性も出てきました。

サスペンス風の見方をすれば、警察(もしくは何者かが)ハメて逮捕したけど、A
SKAさんがそのさらに上をいってたという見方もできますね。

警察の誤認逮捕?不起訴理由を簡単に説明

aska-won-07-vert

今回のASKAさんの不起訴処分のニュースを聞いてなぜ?と思った方も多いでし
ょう。

ASKAさんが上手く証拠隠滅したのではないか?といった考えもあるかもしれま
せんが、じっくり読むとなんとなくASKAさんが不起訴になった理由がわかって
きました。

嫌疑不十分で不起訴になった理由をわかりやすく説明すると。。。

1.尿検査で採尿された尿が微量であったこと。

2.ASKAさんが逮捕後、陽性反応が出た尿がお茶であったと供述。

3.通常、鑑定後に保管すべきだった尿があまりにも微量だったため破棄して
いたので、陽性反応の出たその液体が何だったか確認ができず…。

4.証拠不十分で不起訴釈放!!

サスペンスドラマじゃあるまいしこんなことが通用するのか!?と思ってしまい
ますが・・・。

尿検査の際に警察とASKAさんの奥さんが立会い背後からその様子を見ていたそう
ですが、手元までは確認していなかったそうです。

当然、今更の再検査は意味を成さず元々の尿検査も任意だったことから、今回の
嫌疑不十分による不起訴釈放となったわけです。

では、なぜ陽性反応が出たのか?お茶にそういった成分が入っているということ
なのか?

もちろんそんなはずはないでしょうが、ヘタすると今回の警察の逮捕自体が怪し
いものに思えてきます。

本当に誰かにハメられたのでは?といった可能性もあるかもしれませんね。

Twitterでの反応

まとめ

ASKA 不起訴釈放! やはり冤罪だった 最初から、そう思ってた マスコミよ、ど
うオトシマエをつける! もの凄い人権侵害だ!

と思うと同時に、あれでシャブやってなかったらそれはそれでヤバくないか?と
も思っちゃいますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク